2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:Our United Village(アワー・ユナイテッド・ビレッジ)

キーワード:

調査先:アワー・ユナイテッド・ビレッジ
講義日:2014年8月25日(月)
文責:広島県尾道市 倉田麻紀

IMG_2074

2004年に東京財団が自治体職員向け人材育成プログラムを開始して今年で11年。初めの5年と、その後6年とで、プログラムの形態と内容は異なるが、一貫して実施してきているのが、米国オレゴン州ポートランド市での調査である。今年もポートランド州立大学(Portland State University:PSU)とのパートナーシップの下、12回目となるポートランドプログラムが実施された。

7泊9日の本プログラムは、(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成されている。

上記(3)「イブニングサイトビジット」とは、ネイバーフッドアソシエーション(日本の自治会のようなもの)の集会や議会の公聴会等、実際に住民が集まり議論する現場を訪れ、住民が自分たちの地域のことを真剣に考え議論する様子を見学するなど、「現場」を体験するプログラムである。これに加えて「住民リーダーに会いに行く」と言うテーマが追加され、民間の立場で公を担っているNPOの代表などの話を聞く機会を得た。住民が “自分ごと”としてまちづくりに携わる様子を肌で感じることができ、実に多様な住民参加の現場を体験することができるライブ感がイブニングサイトビジットの魅力である。

以下は、イブニングサイトビジットとして訪問したOur United Village(アワー・ユナイテッド・ビレッジ)の訪問レポートである。

参加者レポート

IMG_2075

●経過

アワー・ユナイテッド・ビレッジは中古の資材などを売ってその収益金で地域コミュニティを活性化するための活動を支援している。また、周りにある資源を活かしアイデアを形にするため、コミュニティ・レガシープログラムを通して、コミュニティをよくするアイデアであればどんな小さなことでも支援し、情報提供を行うこととしているNPO団体である。

事業を開始するにあたり、まずはコミュニティの中で活動している様々な団体にインタビューを行い、ニーズと課題を確認した。各団体に共通していたのは、資金が足りないことだった。また、小さなことから始めて成功し、規模を拡大したら失敗した、という例もあった。

NPOはミッションを行うことが目的で、資金調達が目的ではない。そこで、資金調達をしっかりすること、そして持続可能なモデルを作ることを第一の目的として活動をはじめた。そして、地域の課題を解決し、地域コミュニティを活性化するためには、自分たちが主役となり活躍するのではなく、地域で活動している人々が主役になることが長期的な活動に繋がると結論付けた。

人やものとの関係を少しずつ変更し再構築していくことで新たなものや関係が生まれてくること、そういう力がコミュニティの中にはあると信じて活動し支援している。

 

●資金調達方法

当日、団体の説明をしてもらった場所は、資材などを販売している店舗だった。そこには、ガラスの入ったままの窓枠、ドアノブがついたままのドア、どこかの部分だった木材、照明器具、バスタブ、さらにはドアノブ、何かの金具、ネジに至るまで何でも置いてある。資金調達の手段として、なんでもいいから使い終わったもので、捨てようとしているものを持ってきてもらうよう呼びかけた。捨てるはずのものが売れるようになる事例を作ると、役立ててほしいと喜んでもってくるようになった。現在あるものの9割は、ごみになっていたかもしれないものである。

現在、8トンもの資材が毎日運びこまれている。1年間で10万人が来場する、現在北アメリカで一番大きい施設になっている。10年間で7500万ドル売り上げ、2500万ドルが利益になっている。再利用することでごみだったものが資金になるばかりでなく、環境に対するメリットもある。

 

●気づいてない価値に気づく場

IMG_2083

既にあるものを再利用する価値に気付いて欲しい。

一例として、フェンスを見せてもらった。スパナやパイプなどが溶接され繋がって柵になっている。これはデザインではなくアイデアである。このアイデアは、倉庫建築中、フェンスをつけるよう市から指導があった際、従業員とボランティアスタッフに金属のものを集めて欲しいとと頼み、自宅の車庫に運んでもらった。集まったものを私が全部溶接してコーティングして柵にして、皆をびっくりさせた。

ここでは何かをやろうというアイデアを出すとき、入って5分でも5年でも、正職員でもボランティアでも、スタッフはみな平等であるのが原則だ。ここは学ぶところであって、間違いがあってもそれは改善の機会だと捉えている。わかっている、何でも知っているというのではなく、常に学びの姿勢を大事にする。常に臨機応変に対応することとしている。

この倉庫自体が、この地域から集まった廃材でできている。機械による取り壊しではなく、手作業で解体する手法をとり、解体家屋から資材を手に入れている。建物の取り壊しの入札に、手作業で解体すると参加した際、馬鹿じゃないかと言われたが、この建物を建てた時は手作業だったはずだと話し、周囲を納得させた。

手作業で解体するということは、時間がかかる。しかしそこに6~7人の雇用機会が生まれる。彼らが技術を身につけ、何人かは独立して起業した。もちろん、応援している。

さらに古材は注目され始め、カビが生えにくいなどのメリットや400年前の老木など免疫性が高いことなどから、新しいものより人気が出るようになった。お金を払って廃材を捨てていた時代から、マーケットが変化し、その廃材を使ってものづくりをするようになってきた。以前からあったものなのに、その価値に気づいていなかったのだ。

レストランでもあえて見せるようにレイアウトし、世代を超えて引き継がれてきた物語を感じてもらうようにしている。それは、他のどの店に行っても味わえない雰囲気となる。すべての素材は地元から集めたものであり、かつて利用していた何かが別の場所で出会えるというサプライズもあるかもしれない。

廃材で一番多いのはドア。ここのオフィスにも壁や床、天井にもドアを使っているところがある。ある日、従業員が壁を見て言った、「このドアは私がかつて住んでいたアパートのドアだ!」

 

●働き方

IMG_2089

売り物にならないものを持ち込まれることがあっても、ただダメだと言うことはしない。ダメな理由をきちんと説明したり、他の方法や受け入れてくれるところを紹介するなど、情報を含め必ず何かを持ち帰ってもらうよう、心がけている。なぜなら、私たちは商品を得ることを目的としているのではなく、関係を築くことを大事にしているからだ。そして楽しくやる。くぎ抜きは一番多い作業だが、DENAILING PARTYと名づけて、くぎを抜くパーティにして時にはワークショップにしている。

 

●コミュニティ・レガシープログラム

コミュニティをよくするアイデアであれば、どんな小さなことでもリソースして伝えたいと考え、始めたプログラムである。アイデアを持っていてどうしようかな、と迷っている人の背中を押す役割を果たすものだ。どのようにコミュニティ内で会話をすすめるかのセッションを行うプログラムもある。コミュニティ内の資源と繋がりを地図や図に書き込んで可視化する、アセットマッピング(あるもの探し地元学ポートランド版?)もその手法の一つである。

コミュニティと話す場が必要だと考え2つのプラットホームを作っている。一つは対話のプラットホーム、もう一つはアイデアの共有イベントだ。対話の場を作ることで新しい考えや新しい人による新しいストーリーが生まれる。そのアイデアを実現してそれを短いフォトエッセイにしたり記事にしたりして、レガシーストリーとして共有する。

このプログラムは、ポートランド市全体を対象にしているが、広域で一回行うのではなく、小さい単位で何か所かで行う。資金は廃材で得た収入を使うので無料で行う。こうして、参加できない理由を一つ一つなくしていき、広げていくのだ。

またマーケティングで気をつけていることは、自分達が表にでないこと。あくまでも支える側にまわり、コミュニティの人々が自分たちがやっていると思わせることが大切である。そして成功体験を人から人へ、会話により伝えていくことがPRに繋がり、コミュニティの活動も自分達の活動も持続可能なものとなる。

 

●終わりに

一連のお話を伺って、コミュニティの力を強くすることと言う活動の目的が明確にあって、その目的を達成するために、まずは持続的な資金調達の仕組みを作り上げていることに驚いた。

日本では、NPOや地域団体の活動を自治体が資金面で支援していることが多いと思う。本来は、NPOや地域団体は事業を実施するための資金を自らの力で集めるべきであるし、同時に、予算ありき、支援制度ありきで支援してしまっている行政の姿勢も問題であると思った。行政がするべきこと、するべきではないことを整理する必要がある。

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)