2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

江戸時代の官と民

キーワード:

講師:田中優子(法政大学教授)
講義日:2009年5月22日(金)

週末学校はまず、「歴史から学ぶ」ことでスタートしました。江戸時代の支配階級は武士と考えられますが、町人の自治組織、百姓の自治組織が存在し、それぞれ重要な役割をはたしていました。現在でいうNPOの働き、ボランティアの仕事も、江戸時代には当たり前におこなわれていました。当時の「自ら『おさめる』しくみ」は、現在に生きる私たちに多くの示唆を与えてくれます。

You need Flash player 8+ and JavaScript enabled to view this video.

※ 画面の下にある「再生リスト」をクリックすると、関連する動画もご覧になれます。

1.歴史から学ぶ--江戸時代の官とは
2.官か民か?-民衆の自治-1
3.官か民か?-民衆の自治-2
4.構造の固定化-どうやって変わるか?

当日配布資料

・ 江戸時代の官と民(PDF)