2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(国内調査)京都市未来まちづくり100人委員会の取り組み ~京都府京都市~

キーワード:

調査先:京都府京都市
調査日:2010年8月26日(金)~28日(日)
文責: 神奈川県藤沢市 寒河江和江(研修生)

目的
週末学校で学んだ「住民主体のまちづくり」について理解を深めるため、鳥取県智頭町および京都府京都市を訪問した。両自治体には、公募で集まった市民が身近で関心の高い課題を話し合い、課題を解決するための政策を行政に提案していく「100人委員会」がある。「100人委員会」は、自分達に必要なものは何かを真剣に話し合い、自己責任、自己決定のもとに、市民が主体となった活動を行っている。
智頭町と京都市は、人口規模や100人委員会の運営方法も異なっているが、それぞれの取り組みの長所・短所を知ることにより、本市での住民主体のまちづくりの実践に生かしていきたいと考え、調査を行った。

【京都市での調査内容】
・京都市未来まちづくり100人委員会
・京都市未来まちづくり100人委員会 第11回定例会議見学

【智頭町での調査内容】
・智頭町のゼロ分のイチ村おこし運動、百人委員会
・NPO新田むらづくり運営委員会
・森のようちえん まるたんぼう
◆智頭町の調査レポートは→こちらから

「京都市未来まちづくり100人委員会について」
京都市市民協働政策推進室 酒井教昭 係長、保田光春氏
京都市の100人委員会は、市民と行政が共に汗する「共汗」の市民運営のしくみ構築に向け、今後のまちづくりの方向性や具体的な取組方策について、白紙の段階から議論、提言、行動する「市民組織」として、平成20年9月に設立された。
第1期(平成20年9月~平成21年9月)は、市に対する「提言」や自らの「行動計画」を成果報告書として取りまとめ、市や企業、市民団体などに協働を呼びかけた。現在の第2期(平成21年10月~平成22年9月)は、成果報告書に記載された項目などについて、市民自らが実践することを目標とした議論や、議論に基づいた行動が行われている。第1期は148名、第2期は128名の市民が参加している。
運営事務局は、公募型プロポーザルにより選ばれた「場とつながりラボ home’s vi」と「アートテックまちなみ協議会」の2つのNPOが担当している。メインは若者主体であるhome’s viだが、それをサポートする形で、長年まちづくりの活動を行ってきた経験豊富なアートテックが携わっている。
原則として毎月第4土曜日の午後に定例会議が開催される。チームごとの議論、他チームや傍聴者及び市職員との意見交換、委員会全体での情報共有などが実施されている。定例会議以外にも、随時、チームごとのミーティングや市担当課へのヒアリング調査などの自主的な活動を実施している。
市は、①運営事務局へのサポート、②市政に関する情報提供・連絡調整、③市民・市職員に向けての情報発信を担っている。

NPO場とつながりラボ home‘s vi 代表理事 嘉村賢州氏sagae_report1.jpg
100人委員会の事務局を担当している「場とつながりラボ home‘s vi」は、コミュニティスペースの運営やファシリテーション手法の調査・研究・開発・実践、イベントなどを通じて、個人や地域の中に眠っている可能性を引き出すサポートを行っているNPOである。
100人委員会では、①市民自らがテーマを設定し、白紙の段階から議論する「市民主体の委員会」、②提言するだけでなく、自ら実践する「行動する委員会」、③行動・実践を更に議論に反映させる「進化する委員会」を作り上げるため、委員の主体性を引き出すことにこだわった。主体性を育む工夫として、①オープンスペース・テクノロジーを活用し、議論のテーマ自体も委員が決める、②プログラムは委員からの立候補で構成された幹事会で決定、③他のチームの活動内容をわかるようにし、チーム間で相互作用するような仕掛けをする。これらを通して、自らが委員会を動かしていく意識を持たせている。
第1期は、立場の異なる多くの人と出会い、多くの異なった思いを受け入れることにより、行動に向けての土台づくりを、第2期は、チーム同士の連携による実践のプロジェクト化、より多くの市民への発信と巻き込みを目指している。

「京都市未来まちづくり100人委員会 第11回定例会議見学」
受付を済ませ、まず驚いたことが若い人が多いことである。学生の街京都ならではかもしれないが、委員、ボランティアを含め、100人近くいる参加者の半数は30代以下であると感じた。会場では、話しかけやすいように参加者全員が名札を着用している。くつろぐためのスペースとして、CAFÉコーナーが用意されている。傍聴者の席は中央にあり、それを囲むようにチームごとのテーブルと席が用意されている。通常20~30人程度の傍聴があるという。今回は20人程度の市民が傍聴していた。sagae_report2.jpg
まず事務局から配布資料の説明があり、次に定例会議の全体の流れの説明、重要事項のアナウンス、チームによる定例公開miniフォーラム、チームごとの会議、全体会議と続いた。配布資料の字が大きく、わかりやすく書かれているので、初めて来た傍聴者でも定例会議の内容や流れを理解しやすかった。今期から始めたチームによる定例公開miniフォーラムは、各グループの活動を他のチームや傍聴者に知ってもらうためのプレゼンタイムと位置付けている。今回は、委員の自宅から目的地までの子ども用トイレ・授乳スペースの実態調査、子育て中のパパ・ママへのアンケートを通し、子どもとのお出かけを応援する仕組み「にこにこステーション」の提案を行っていた。
チームごとの会議では、どこも活発な議論が行われ、活気に溢れていた。行動力・フットワークのある学生と、経験・人脈のある社会人が議論することで、お互いの長所を生かした活動が行われていると感じた。