2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

地元学

キーワード:

講師: 吉本哲郎(地元学ネットワーク主宰、鹿児島大学生涯学習教育研究センター リサーチアドバイザー)、横尾ともみ(地元学ネットワーク)
講義日:2013年6月2日(日)講義、各研修生による地元での個別実施、6月29日(土)発表
文責:週末学校事務局 石川絵里子

本プログラムの目的

まちづくりに取り組むとなったら、あなたならまず何をするだろうか。
よそのまちの成功事例を取り入れてみたが、数年後になぜかうまくいかなくなった、という話はよく耳にする。現地視察をし、予算も労力も費やし、万全の態勢で取り組んでも、失敗に終わってしまうのはなぜだろうか。
「地元学」は、まちの元気を作っていくために、「ここ」に学ぶことからスタートする。事例集もコンサルタントの分析もいらない。自分たちで地域を歩き回り、「ここ」にあるものを探していく。人と交わり、多くの気付きを重ね、行動を繰り返すことで、地域が持つ力・住んでいる人々の力を引き出していく。そして、これまでの枠を飛び越え、自由に発想し、新しい価値を生み出していく。
地域に入り、住民の話を聞き、足元にあるものに気付くために必要なのは、どのような姿勢だろうか。水俣は、水俣病という世界に類例のない困難な課題を抱えながらも、まちを再起させ、新たな地域の価値を生み出した。その渦中に身を置き、実践の連続の中から「地元学」を生みだした吉本哲郎氏から、地域に向き合う哲学を学びとってほしい。

プログラム内容

今年度の本プログラムは、以下のようなプロセスを踏んだ:
①事前課題として、「環境クイズ」と地元の方々への簡単なインタビューを行う
②東京にて、「地元学」について吉本氏の講義を聞き、地元学の底流にある哲学や考え方、思いを学ぶ。その上で、自分の地域でどのように実践するか、他の参加者とともに考える。
③各自の地元に戻り、約3週間かけて地域を調べる。そして、絵地図や一代記など、それぞれのやり方でまとめる。
④まとめた「私の地元学」成果物を持って、吉本氏の待つ水俣市に向かい、皆の前で発表する。

○シンプルな問いから見えてくること
まず、事前課題では、自分の身の回りの自然・生活環境をどれだけ知っているか、30項目の「環境クイズ」を通じて考える。例えば、“あなたの家で飲んだり使ったりしている水は、どこから来てどこへ行っていますか?”など、日々の生活に欠かせないごく身近でシンプルな質問が並ぶ。参加者達に、“いくつの質問について、最初から答えを知っていましたか?”と聞いたところ、平均約17項目と半数以上を知っていたという答えが返ってきた。しかし、吉本氏からより深く質問されると、多くの参加者は答えに詰まってしまう。自分の身の回りのことですら、分かっているつもりになっているだけで、実は分かっていないということに気付かされる機会となったようだ。

もう一つの事前課題である地元の方々へのインタビューでは、最低10人、出来れば50人というノルマが課されており、否応なく地域の方々に話しかけなければならない。質問内容は、“ここ(地元)で好きな場所はどこか?”、“これまで生きてきて大事にしてきたことは何か?”といったこれまたシンプルなもの。参加者の多くは、こんな質問に答えてもらえるのだろうかと正直不安だったようだが、予想に反して、多くの住民の方々が真剣に応えてくれたばかりか、インタビューを重ねるにつれて、住民の皆さんそれぞれがまち・地域に対する思いを持っていると実感したということ。自治体職員の中には、“住民は地域のこと・まちのことを何も考えていない”と思い込んでしまっている人も散見されるが、現実は決してそうではなく、難しい行政用語や法令で壁を作って、むしろ話を聞けていないのは自分達の方なのだということを、多くの参加者が認識したようだった。

○正解はどこに?
次に、東京にて、吉本氏の講義を聞き、水俣で「地元学」が誕生した経緯や、その底流にある哲学や考え方、思いを学んだ。「ないものねだりではなくあるもの探し」、「愚痴から自治へ」、「一即全」、「ここに生きる希望をつくる」など、水俣や全国各地の現場で経験を重ねてきた吉本氏の言葉が並んだ(講義の詳細は、昨年度の講義レポートをご参照)。 また、講義後には、各自の地元でどのように実践するかを、参加者同士で考える時間も設けたが、なかなかイメージが膨らんでいかない。吉本氏からは、地元学の手順として一通りの説明はなされたものの、「取材する」、「記録する」、「写真を撮る」、「まとめる」など、大まかなやり方が示されただけだったので、戸惑った参加者も多かったようだ。しかし、それぞれの地域やそこに暮らす人々を頭に浮かべ、具体的に何をするか発想出来るのは、当事者である参加者それぞれしかいない。これをやれば正解、という解や手法はどこにもない。このことに気付くこと自体が、地元学実践の意義であるとも言えよう。実際、各自で地元学を実践してみて初めて、手順の説明時に吉本氏が言った「物事には両面性がある。聞く力が必要で、人の話を聞くのは簡単なようで大変なことだ」、「聞いて頭に絵が浮かぶ言葉を使うことが大事」といったメッセージの意味を認識したという参加者も多かったようだ。地域に向き合う時、細かな手順・手法は問題ではなく、それ以上に、気付き身につけるべき姿勢や所作があるということを示していると思う。

○始まったばかりの「私の『地元学』」
東京での講義後、参加者らはそれぞれの地元にて、地域調査をスタート。地元学の基本は、「地域を歩く」、「人の話を聞く」、「まとめる・つくる」、「みんなと共有する」というプロセス。このうち、まず最初の3つを各自の地元で行ってもらった後、最後の「みんなとの共有」は、今年度初の試みとして、地元学誕生の地である水俣で行った。この「私の『地元学』」の発表、昨年度までは東京で行っていたが、今年度は絵地図や一代記といった成果物をわざわざ水俣に持ち寄り、水俣での国内調査期間中に行うことにしたのである(国内調査の詳細はこちら)。地元学が誕生した水俣に身を置き、吉本氏をはじめとする関係者の哲学を感じ、この地域が発する熱量に触れ、地元学の意義を肌で学ぶ。そして、「私の『地元学』」を改めて見直し、足りないものは何か、どうしたらもっと面白くなるか、人に伝わるものになっているか、地域に活かすためには、といったことを参加者同士で考える。東京で行う以上の気付きが、参加者それぞれの中にあったようである。特に、皆が共通して感じたのは、自分の地元学はまだまだ始まったばかりだということだった。

また、今回は、吉本氏から、国内調査の合間を縫って、各自の地元学成果物に対する個別指導があった。吉本氏から調べた内容に質問されることで、自分の調べ方・聞き方は浅かったと認識したり、タイトルの付け方や表現の仕方のアドバイスを受け、より自由に考えていいのだと認識したり、それぞれに学びがあった様子だった。

一連のプログラムを終えた参加者達の感想は、以下のとおり。参加者それぞれの学びのプロセスが感じられるレポートとなっている:
○大塚裕明(長野県大町市)『理解でなく体得が必要 ~ 地元学は無限に広がる小さな世界の入口だった !~』
○大原佳瑞重(福岡県春日市)『地元学を振り返って~地元学には今につながる命を発見する喜びがある~』
○髙松重和(北海道赤井川村)『子どもに教えられた地元学』
○土岐俊(長野県箕輪町)『「しげ」からはじまった下古田地元学~言葉にして、伝える私の生きるまち~』
○成田圭子(埼玉県草加市)『マイナスイメージをプラスイメージに変える ~地元学が気づかせてくれたこと~』
○松本小牧(愛知県豊明市)『住宅都市における地元学の実践~喫茶店から見えた生活文化~』

週末学校では、まちづくりはそこに住む人々の「想い」から始まる、というメッセージを一貫して伝え続けている。地元学の実践を通じて、文字通りそれぞれの「地元」に「学」び、その地に蓄積されてきた人々の「想い」に気付くことによって、手触り感のあるまちづくりを始めるきっかけとなったのではないか。

それぞれの「私の『地元学』」

2013年度参加者の地元学成果物は、以下のとおり(クリックすると実物をご覧いただけます):
○伊藤邦夫(広島県神石高原町)『竹中(たけなか)集落の神さま・仏さま
○大塚裕明(長野県大町市)『二重(ふたえ)村 今と昔』
○大橋史明(愛知県豊橋市)『土とともに・・・鈴鹿市柳町に生きる 大橋はな子』(一代記) (PPT)
○大原佳瑞重(福岡県春日市)『みんな大好き 白水(しろうず)大池公園』
○勝伸博(愛知県春日井市)『へぇ~、そうだったんだ~。』
○久保田健太郎(千葉県千葉市)『聞いて納得!千葉都民の地域づくりはこうして始まった!~オトコもオンナもハッピーな“まち”東千葉~』
○佐藤良人(秋田県横手市)『庭から見えるあるもの探し~景色の中に見つけた集落のあるもの地図~』(絵地図1) (絵地図2)
○七野司(大阪府貝塚市)『絆~大阪・泉州の一年、丸わかり、丸かじり~』
○城取直樹(埼玉県吉川市)『水を畏れた昔 水を恩恵にする今』(紙芝居) (絵地図)
○椙本学(山口県萩市)『海は広いな大きいな 萩の海を大きく違う見かたで意識してない見えないものも!』
○髙松重和(北海道赤井川村)『村の市街地探検~むらを歩いて見て聞いて~』
○田中のり子(栃木県茂木町)『こでらんね那珂川~清流に寄り添う茂木の暮らし~』
○堂本大輔(愛知県常滑市)『「常滑の道」~過去と未来、そして世界をつなぐ~』
○富樫充(新潟県村上市)『荒川を活かした暮らしの今、昔~衣食住の暮らしを支えた「清流 荒川」から~』
○土岐俊(長野県箕輪町)『いいとこなんだに下古田vol.1~調べてみたら、下古田が好きになりました~』
○成田圭子(埼玉県草加市)『草加市食生活改善推進員の4名に聞いた 私の好きなさんぽ道』
○西原美千代(兵庫県神戸市)『野菊のように生きる そして あなたを愛してる~地域に生きるある婦人の物語~』
○松本小牧(愛知県豊明市)『住宅都市の生活文化の地元学~豊明の暮らしに寄り添う喫茶店~』
○山元勉(鹿児島県薩摩川内市)『みんなが好きな藺牟田(いむた)池』

関連レポート

2013年度
2013年度国内調査~熊本県水俣市~(レポート)
「あるもの探しで地域を元気に:川南地元学」河野英樹(レポート)

2012年度
「地元学の実践」吉本哲郎、横尾ともみ(レポート)
「あるもの探しで地域を元気に:川南地元学」河野英樹(レポート)

2011年度
「地元学の実践」吉本哲郎(レポート)
「研修生の『地元学』」(レポート)

2010年度
「町や村の元気をつくる地元学のすすめ」吉本哲郎(レポート)