2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

【2016年度】第1回 自治の本質



日程: 2016年6月25日(土)、26日(日)
場所: 公益財団法人東京財団

概要

初回であるこの回は、全カリキュラムに通底する「住民自治」の理念に基づき、国と自治体の関係や行政の役割について学び、自治の本質と公務員として地域ではたらくことの意義をじっくりと考える。2日目には、「目の前の仕事を見直す」プログラムの主旨や内容について確認し、第2回での実践に備える。最後に、週末学校全編を通じて行われる各種グループワークを効果的に行うためのワークショップに参加する。

内容

6月25日(土)
10:00-10:20     開校式
10:30-12:30     講義:「住民自治と自治体改革」
                       片山健也(北海道ニセコ町長)
13:30-15:30     講義:「市民の未来を守る~健全な財政運営とは~」
                       松本武洋(埼玉県和光市長)
15:45-17:15     講義:「住民・行政・議会、三者の関係から自治を考える」
                       中尾修(東京財団研究員、元北海道栗山町議会事務局長)

6月26日(日)
 9:00-12:00     講義:「地方自治、住民自治を考える」
                       前田隆夫(西日本新聞社東京支社 報道部次長)
13:00-14:30     講義・演習:「目の前の仕事を見直す」導入(模擬含む)
                       メンター、OBOGチューター、事務局
14:45-15:45     ワークショップ:「グループワークの効果を最大化するために」
                       鈴木隆(東京財団人材育成事業ディレクター)
15:45-16:30     オリエンテーション