2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(2016年度国外調査)ケーススタディ「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」参加者レポート①

キーワード:

調査地:米国オレゴン州ポートランド
日程:2016年7月30日(土) ~ 8月7日(日)
文責:群馬県高崎市 陶山朝江(2016年度参加者)

◆本調査の目的

オレゴン州最大の都市、ポートランド市とその近郊地域は、豊かな自然と、農業やハイテク産業等の地域産業の隆盛により人口の増加していく中で、行政が積極的に住民を巻き込み、住民主体のまちづくりを行ってきた。その結果、いま「全米一住みたいまち」と呼ばれ国内外から注目を集めている。

 第3回プログラムとなる国外調査は、このオレゴン州ポートランド市地域における市民と行政の関わり方を、現在ポートランドで起きている具体的な事例を切り口とし、講義や現場視察、行政・NPO・住民リーダーなど、様々な関係者との意見交換を通じて学ぶ。日本での常識が通用しない米国での文化環境の中で、ポートランドにおける住民と行政の関わり方を参考に、参加者自身の地域の状況を見直し、分析することで、住民主体のガバナンスのあり方に関する参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

◆調査内容

ポートランドプログラムは2011年以来、具体的な事例を切り口にして、地域における実践者や様々なステイクホルダーたちとの意見交換から、ポートランドにおける住民参加を考えると言うアプローチを取っている。1週間と言う短い期間で可能な限り学びを深める工夫の一つだ。事例は、①「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」②「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」の2つ。一つの事例から複数のことを学び取れるよう、プログラムが作りこまれた。

1週間のプログラムは、上記事例を中心として(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成された。

以下は、ケーススタディ:「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」に関する参加者レポートである。

 

なお、本ケースの詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

アワー・ユナイテッド・ビレッジ (Our United Villages) PART I

アワー・ユナイテッド・ビレッジ (Our United Villages) PART Ⅱ

Deconstruction 〜ディコンストラクション〜

 

◆参加者レポート①

(本ケーススタディの参加者レポート②はこちら

『アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え』

<記録>

●8月3日(水) PM2:00 アワー・ユナイテッド・ビレッジ(以下OUV)訪問

スピーカー:デイブさん、トムさん、リンダさん

 OUVの構想開始は1996年。1998年に数名のボランティアから活動を始めたそうです。この事例は、ひとつのアイディアが個人→コミュニティ→市→州・・・と広がっていく社会事業のモデルです。

最初のアイディアは、ポートランド北部での資材の再利用でした。住宅などの取り壊しで資材が無駄になっていることに気づきましたが、市は廃材の回収などは行っていなかったため、メトロに協OUV1力をしてもらって、Re Building Center(以下RBC)を作りました。ポートランド市では、家を壊すことに許可が必要です。そして、出た資材を廃棄するには、お金がかかります。しかし、出た資材をRBCへ寄付すれば、住民はお金を払うことなく資材を引き取ってもらうことができます。RBCは、引き取った資材を一般的な価格の40~90%で販売をして、収益を得ます。一日に持ち込まれる資材は8tにのぼるそうです。引き取った資材の7割は安価な商品にしかなりませんが、3割は高値がつけられるもので、こういった高価なものがRBCの生命線です。古い家には、年輪の詰まった良質な木材が使われているそうです。

資材の再利用が可能な状態で家を解体(Deconstruction)していくことは、単純に家を壊す(Demolition)ことに比べて、時間も費用も要します。Demolitionであれば、2人が2日ほど働けば完了しますが、Deconstructionをすると、6~8人が2週間ほど従業しなければ終わりません。しかし、Deconstructionで、住宅の85%の資材が再利用可能なものとして回収されます。そして、ゴミが減り、アスベストや鉛で土地が汚染されるリスクも低くなり、作業にかかる雇用も生まれます。見た目にはDeconstructionの方がお金がかかりますが、社会的な費用は結果的に安くなり、環境に配慮した持続可能な社会のためには有効です。コミュニティから出た資材が、OUVを通してコミュニティにお金として戻り、また社会を作っていくのです。

OUVの想う課題は「人々とモノの関係を変えること。そして、資材に対する見方を変えること」でOUV2す。OUVの活動には、資材の再利用以上に、コミュニティの活性化という理念が含まれています。「マイナスの資産を、プラスの資産としたい。処分するのではなく、力としたい。」「再利用を促すことで、人々のモノに対する見方が変わっていく。表面的に、その資材がいいものかどうかだけが大切なことではない。新しい発見や、内側に宿る美しさを見つけられるかどうかは、人と人のつながりに関係している。」

そんな想いから、団体や人をつなげるコミュニティ強化の活動も行っています。大切な3つの要素は、「経済」「公正性」「環境に優しいこと」だそうです。コミュニティが必要としている要素を見極め、RBCのように、小さなアイディアから始めます。

OUVの活動を後押しするようなポートランド市の法令が、2016年の秋に施行となります。それは「築100年以上の家を取り壊す際は、Deconstructionで行わなければならない」というものです。

 

●8月4日(木)AM9:00 ポートランド市役所 Bureau of Planning and Sustainability(以下BPS)訪問

スピーカー:ショーンさん、サラさん、アロンドさん

ショーンさんは、BPSの職員としてDemolitionとDeconstructionの課題に6年間取り組んでいます。ポートランド市の経済成長と共に、家屋のDemolitionの数は増加しました。しかし、重機を使っての作業で発生するCO2排出量や、ゴミの増加、有害物質の浸透など、Demolitionによる影響と対策が心配されるようになりました。そこで、Deconstructionの実施を総合計画に盛り込むよう市長から話があり、Deconstructionの法令整備へ向けて諮問委員会が設置されました。

諮問委員会のメンバーは25名で、サラさんはその一人です。サラさんはアーティストで、作品の材料となる素材がゴミとして扱われることに胸を痛めており、また、環境活動家としてDeconstructionについての調査・研究も行っています。サラさん以外のメンバーも、メトロの職員、NPOの活動家、ネイバーフッドアソシエーションで活動する住民、建設業者、Demolitionを行う解体業者、Deconstructionを行う解体業者など、多岐に渡っています。アロンドさんも、諮問委員会のメンバーの一人で、リサイクル業を営んでいます。木材は、最も価値があるものだと考えていて、Deconstructionが進めば、良い木材に出会える可能性が高くなると前向きです。

市内で取り壊しがされる住宅のうち、33%が築100年以上を経過したものだそうです。まずは、この33%を守るため、今回の法令整備となりました。法令の中には「Deconstructionで解体作業をやっている」ということが周囲にわかるように、作業現場にサインを出すように、といったことも盛り込まれています。この法令が理解され、遵守されるようになったら、築年数がもっと浅いものについても、対象を広げていきたいと考えています。

 諮問委員会は、この1年半で15回以上開催されました。委員会のメンバーでなくても、出席をしたり、遠方から電話をつないで内容を聞いたりすることは可能です。4回目から、委員会開催時のルールを作り、共有するようになりました。6回目ぐらいから、意見は異なってもお互いに理解できるようになり、活発な意見が交わされるようになりました。透明性を持たせるため、議事録は毎回HPに掲載しています。委員会で検討を重ねていく中で、自然発生的に以下の3つについて対策を取るようになりました。

・Deconstruction実施のガイドラインの策定

・予測される質問への回答の準備

・反対意見への根気強い説明

質問への回答は、例えばCO2の排出量や電気の使用量について「車○○台分」「家庭での使用○○日分」といったように、イメージがしやすい形で用意をしました。反対意見の人へも、環境保護の観点以外で「雇用創出」「建設事業のきっかけ」「ポートランドの歴史を守る」「建材が安く手に入る」など、様々なメリットをアピールしました。

 諮問委員会なくして、この法令の整備は実現できなかったと言います。政策を作るとき、委員会を組織することは市で決められていることですが、それ以上に、行政と事業者と住民と、多様なメンバーが集まり、異なる意見が出たことが、政策を作るうえで大きな力になったそうです。そしてこの委員会は、「ちゃんと話を聞いてくれる場があるという安心感の代表」として、ポートランド中の建物がDeconstructionの対象となるまで、続いていくことが予想されています。

 

<考察>

 OUVの活動と、ポートランド市役所BPSのDeconstructionを推進する法令整備には、直接的な関係はないのだと考えています。OUVは、活動を始める当初はメトロにトラックを買ってもらったり、建物のローンを助けてもらったりしたそうですが、活動を支えるような行政への期待というものは、持っていなかったように感じます。一方BPSは、OUVから遅れること12年で、古い資材の再活用の大切さを意識しました。当初は「古い建物を守りたい」から始まったそうですが、「壊さなければならないなら、古い資材を守ろう」と、Deconstructionを応援する形に変わり、市の法令整備という方法で資材を守ることにしました。

 イブニング・サイト・ビジットでOUVがサポートするヘーゼルナッツグローブを訪ねたとき、トムさんがOUVの理念を教えてくれました。

1 人々と働くこと。そうすることで、自分達なりの解決策に至る。

2 再活用できるものを見つけること。財産(人もモノも)はすでに存在している。

3 一度見つけた自分達の財産は、生活を立て直すテコとなること。

コミュニティの中で働き、そこにある素敵なものを見つけ、それを財産としてコミュニティを再構築していくことが、OUVの理念であるとわかります。

 行政は、ある事柄に、法令や条例で強制力を持たせることが可能です。それは、とても大きな権力です。OUVに、行政への期待はなかったかもしれません。BPSにも、OUVを支援するという気持ちはなかったと思います。しかし、OUVの理念や活動が、BPSが考える持続可能性を持ったポートランド市のビジョンとマッチし、結果的に、Deconstructionを推進する法令整備は、OUVの活動を強力に肯定するものとなりました。BPSの政策の裏づけは、多様な住民で構成された、諮問委員会です。

 住民や民間団体が、それぞれが信じる活動を実行できる社会は豊かだと思います。そこには、受け入れ、共感する住民や利用者がいて、多様な考えを享受できる土台があると感じるからです。そういった活動の邪魔をしないこと。そして、住民の意志に基づいたビジョンが見えたときは、正しく権力を使ってリーダーシップをとること。この二つが、今回のOUVの事例から見えた、行政の大切な役割です。

 

<感想>

一つの事例に関連して、住民側と行政側と、双方の想いや活動を知ることができてとても有意義でした。OUVでのお話しで印象的だったのは「行政から多くを与えたり、投資をしたりする必要はない。住民がしようとしていることをさせてあげれば、自然と上手くいき、コミュニティも形成されていく」というものでした。住民の活動が先を行き、行政の準備が追いつかないということはよくありま陶山さんすが、その時に、規制をすることではなく、住民の安全などは確保をした上で、容認をしていくことで、豊かな社会が醸成されていくのではないかと感じます。

 そして、BPSでのお話しの中では、Make Portland Great!というフレーズが印象に残っています。「このまちにつながり、このまちに尽くしたい」と続きました。まちとコミュニティの永続を願う、とてもシンプルで強い気持ちだと思います。

 人もモノも、画一的でないことが社会として美しいことだと、OUVの事例から感じます。生活の利便性のために、大量生産品も確かに必要です。ですが、その“一つ”に込められた歴史や技術に想いを寄せて、大切にしていく気持ちの余裕を持つことができると、日常に愛着が湧き、まちの見え方も変わってくるように思います。

 行政の定める規則は、社会生活の安全や公正性を確保するために必要なものだと思いますが、地域の多様性を奪うようなものであってはならないのだと考えます。行政が持ちうる権利の使い方を見つめなおすときに、今もこれからも、気づきを与えてくれる事例に出会えたと感じます。

 

 

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)