2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(2016年度国外調査)ケーススタディ「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」参加者レポート①

キーワード:

調査地:米国オレゴン州ポートランド
日程:2016年7月30日(土) ~ 8月7日(日)
文責:福島県郡山市 髙橋哲雄(2016年度参加者)

◆本調査の目的

オレゴン州最大の都市、ポートランド市とその近郊地域は、豊かな自然と、農業やハイテク産業等の地域産業の隆盛により人口の増加していく中で、行政が積極的に住民を巻き込み、住民主体のまちづくりを行ってきた。その結果、いま「全米一住みたいまち」と呼ばれ国内外から注目を集めている。

 第3回プログラムとなる国外調査は、このオレゴン州ポートランド市地域における市民と行政の関わり方を、現在ポートランドで起きている具体的な事例を切り口とし、講義や現場視察、行政・NPO・住民リーダーなど、様々な関係者との意見交換を通じて学ぶ。日本での常識が通用しない米国での文化環境の中で、ポートランドにおける住民と行政の関わり方を参考に、参加者自身の地域の状況を見直し、分析することで、住民主体のガバナンスのあり方に関する参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

◆調査内容

ポートランドプログラムは2011年以来、具体的な事例を切り口にして、地域における実践者や様々なステイクホルダーたちとの意見交換から、ポートランドにおける住民参加を考えると言うアプローチを取っている。1週間と言う短い期間で可能な限り学びを深める工夫の一つだ。事例は、①「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」②「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」の2つ。一つの事例から複数のことを学び取れるよう、プログラムが作りこまれた。

1週間のプログラムは、上記事例を中心として(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成された。

以下は、ケーススタディ:「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」に関する参加者レポートである。

なお、本ケースのこれまでの経緯に関しては、以下のレポートをご覧ください。

(2014年度国外調査)ケーススタディ: ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

 

◆参加者レポート①

(本ケーススタディの参加者レポート②はこちら

セッション:   MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み

日  時:     2016年8月1日(月)14:00〜16:00

            パークアベニュー駅訪問

            2016年8月2日(火)11:30〜11:30

            メトロ・トライメット パネルディスカッション

スピーカー:  チップス・ジャンガー(アーバン・グリーン共同創設者)

            カーロッタ・コレッテ(メトロ議員)

            ボブ・ヘイスティングス(トライメット事業設計家)

            メリーローズ・ナヴァロ(メトロ自然区域助成金コーディネーター)

<背景>

 アーバン・グリーンとは、オレゴン州クラカマス・カウンティに所在するコミュニティの活動組織で、カウンティ内の日法人化地域であるオーク・グローブに活動拠点を置く。

 2014年秋から、コミュニティの活動家たちとともにオレンジラインの開通に伴うパークアベニュー駅周辺のゾーニングを変更するため、クラカマス・カウンティや同開発計画委員会への働きかけを行い、クラカマス・カウンティ議会へゾーニング計画策定を提案するものの、議会はその計画の策定を無期限延長とした。

 そこで、アーバン・グリーンは議会の決定に頼らず、コミュニティのビジョンと価値観を実現するために独自の活動を行うこととした。オーク・グローブのコミュニティを巻き込み、オーク・グローブを法人化する(市となる)ことで、将来を展望した開発計画を独自に策定することを可能とし、必要な改革をより迅速かつ効果的に実行に移すことを計画している。

<記録>

 8月1日は実際にパークアベニュー駅を訪問し、アーバン・グリーンがいかにして駅や立体駐車場の建設に関わってきたのかの説明を受けた。当初、クラカマス・カウンティはMAXの開通に反対しており、メトロやトライメットはアーバン・グリーンを通じてオーク・グローブ周辺のコミュニティに駅の建設を打診していたという。トライメット

 この計画の実行に当たり、コミュニティとメトロ・トライメットは対話を繰り返し続けてきた。トライメットが当初描いていた、昨日を重視した駅のデザインはつまらないもので、コミュニティには受け入れられなかったという。トライメットとコミュニティの対話による設計書の書き直しはおよそ30回にも及び、半年の期間を要した。そうした対話により、トライメットの建築家はコミュニティの理想を設計していったのである。それは例えば、プラザと呼ばれる、夕方にはイベントを行うスペースを駅に設けたといったようなことであった。

 コミュニティが描く理想を実現するために、その背中を押したのはメトロの助成金である。様々なメニューの助成金の中から、コミュニティとメトロの間の対話により、コミュニティが必要としていることをメトロが明らかにし、助成金という形でコミットしたのである。

 8月2日はメトロを訪問し、スピーカーと参加者によるパネルディスカッションを行った。パネリストたちのポリシーや、コミュニティと行政の関わり方についての質疑応答を行った。

<考察>

 特に、チップスのリーダーシップの変遷について考察する。彼はかつて自動車社会を嫌悪しており、当初はパークアベニュー駅の建設に反対していて、見方によっては個人の利害のみを考える未熟なリーダーであった。しかし、メトロやトライメットとの対話を繰り返し、妥協点を探りあうことによって、チップスの中に公共善の意識が生まれ始める。それは、駅をデザインする当たりオーク・グローブの環境保全に配慮するといった行動に表れ、コミュニティが必要としている助成をメトロと話し合うなどし、ネイバーを巻き込んでコミュニティをより良いものにしようと活動することとなる。

 こうして、今やチップスはオーク・グローブを代表するリーダーとして成長を遂げ、パークアベニュー駅を素晴らしいものとした。その経緯には、ネイバーやメトロ・トライメットといった行政との絶え間ない対話があり、そうした対話を通じ信頼関係を醸成することで、コミュニティが誇る駅の建設を実現することができたのだと考える。

<所感>

 地域をよりよくするのに大事なこととは、

①  プロジェクトの早期の段階で行政と市民が対話を行い一緒に活動すること。

②  課題の解決に関わるグループに多様性を持たせること。(偏りがないこと。)

③  対話は開かれたものであること。

高橋さん2④  それらの対話を繰り返すことにより、行政と市民がともに解決策を探し出すということ。

が大切であると、パネルディスカッションの際にスピーカー達は口を揃えて話していた。

 このことを自分のまちに当てはめた時に、計画は往々にして役所の押し付けであり、形式的な委員会の開催や申し訳程度のパブリックコメントの実施しかされていないという状況であることが思い浮かび、そうした構造にはどういった背景があり、改善していくため、特に行政の意識改革や、コミュニティが抱える「やらされ感」を払拭し、市民と行政が手を取り合ってまちをより良いものにしているのかを考えていきたいと感じた。

 自分にとってのチップスは誰か。そのことを意識しながら仕事をしていきたいと思う。

以上

 

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)