2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(2016年度国外調査)ケーススタディ「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」参加者レポート②

キーワード:

調査地:米国オレゴン州ポートランド
日程:2016年7月30日(土) ~ 8月7日(日)
文責:神奈川県大和市 新郷亜由美(2016年度参加者)

◆本調査の目的

オレゴン州最大の都市、ポートランド市とその近郊地域は、豊かな自然と、農業やハイテク産業等の地域産業の隆盛により人口の増加していく中で、行政が積極的に住民を巻き込み、住民主体のまちづくりを行ってきた。その結果、いま「全米一住みたいまち」と呼ばれ国内外から注目を集めている。

 第3回プログラムとなる国外調査は、このオレゴン州ポートランド市地域における市民と行政の関わり方を、現在ポートランドで起きている具体的な事例を切り口とし、講義や現場視察、行政・NPO・住民リーダーなど、様々な関係者との意見交換を通じて学ぶ。日本での常識が通用しない米国での文化環境の中で、ポートランドにおける住民と行政の関わり方を参考に、参加者自身の地域の状況を見直し、分析することで、住民主体のガバナンスのあり方に関する参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

◆調査内容

ポートランドプログラムは2011年以来、具体的な事例を切り口にして、地域における実践者や様々なステイクホルダーたちとの意見交換から、ポートランドにおける住民参加を考えると言うアプローチを取っている。1週間と言う短い期間で可能な限り学びを深める工夫の一つだ。事例は、①「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」②「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」の2つ。一つの事例から複数のことを学び取れるよう、プログラムが作りこまれた。

1週間のプログラムは、上記事例を中心として(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成された。

以下は、ケーススタディ:「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」に関する参加者レポートである。

なお、本ケースのこれまでの経緯に関しては、以下のレポートをご覧ください。

(2014年度国外調査)ケーススタディ: ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

◆参加者レポート②


(本ケーススタディの参加者レポート①はこちら

<記録>

 アーバン・グリーンの取り組みの成果を実際に見るために、パークアベニュー駅とオークグローブ周辺を訪ねた。

 ここは昨年のMAXオレンジラインの開通に伴い、駅と立体駐車場が建てられた。建設計画については、アーバン・グリーンのチップス氏らを中心とするこの地域(オークグローブ)のリーダーたちが、行政と対話を重ねてきた。住民は当初、この地域に巨大な駐車場が建てられることに反対であった。私自身、オークグローブの自然に囲まれた美しい景色と、それに調和した家々を見ていると、住民が駐車場建設に反対するのは無理もないことだと思えた。一方で、MAXオレンジラインの建設を進めるトライメット(行政)側は、どうしてもこの場所に駐車場を建設する必要があった。地域住民が、ここに車を停めて、オレンジラインを利用して街の中心部へ向かう導線を整備するにはパーク&ライドのための駐車場が不可欠だからだ。

美しい森とそれに調和した住宅が点在するオークグローブ(この日は祭に向けての準備中で旗が飾られていた)

 駐車場をつくらないでほしい住民と、駐車場をつくらないといけないトライメット。相反する両者の主張であったが、それぞれが合意できるポイントを対話によって見つけ出すことで、この問題は前進した。

 住民が駐車場をつくらないでほしいと望む理由は、前にも述べたように、無機質なコンクリートの塊の駐車場が建設されることで、オークグローブの景観や、地域の人々がこれまで大切にしてきた調和が乱されてしまうからだ。

 そこでトライメットは、オークグローブの住民たちの意見を真摯に聞き、話し合うことで、住民が納得いく「地域に調和する駐車場」をつくることにした。トライメットと住民、両者は話し合いの結果、「最高の駐車場」を作る道を選んだのだ。

 例えば、駐車場の側面は、スクリーニングのために約350本の茶色いポールが設置された。まるで木のように見えるこのポールの素材には、年月を経て変色(エイジング)する金属が使われている。この駐車場は、年月を重ねることで、自然や生き物のようにエイジングする駐車場なのだ。

 駐車場の壁に設置されたポール

 この駐車場は歳を取るだけでなく、自ら呼吸する。雨水は壁に設置された雨樋を伝って隣の緑地へ流れる。車の排ガスなどを含んで汚れた雨水は、緑地で植物に浄化され、きれいな水になって、オークグローブの自然へ還っていく。緑地に植えられている植物はオークグローブに古来より自生する野草で、人間が手入れをしなくても、自分の力でこの地で生きていけるだけの力を持っている。駐車場で使われる電力は、屋上の太陽光パネルの発電によって賄われる。

 

 【 駐車場の隣につくられた緑地】                                         【 太陽光パネルが設置された屋上】

 UG1UG2

 

このプロジェクトが実現に至るまでに住民とトライメットは、実に30回以上も計画の修正を繰り返してきたという。トライメットの景観設計士のジェブ氏は「プロジェクトの実現には住民とのコミュニケーションが必要と、最初のデザインを拒否された段階から分かっていた。クラカマスカウンティの住民は、幅広い設計のビジョンを持っている。問題解決に必要な知識を本当に持っている人間はコミュニティの中にいる」と語る。計画初期の段階でトライメット側が住民の意見を徹底的に聞く姿勢を見せたことが、駐車場をつくりたくなかった住民の意思を「駐車場をつくるのなら、最高の駐車場をつくろう」と動かしたのだ。

 

<考察>

 この事例において注目すべきは以下の2点である。

1.住民とトライメットの相反する主張から、対話を重ねることで合意形成に至ったこと

2.トライメットがかなり初期の段階から、住民の意見を尊重することの必要性に気付き、実行したこと

 新郷さんまず、1.について、住民は当初「駐車場をつくりたくない」と考えていたが、やがて「つくるなら最高の駐車場を」という方向に動いた。そしてトライメット側は「シンプルでドライな建設計画」から、「徹底的に住民の意見を聞いてその知恵を生かした駐車場をつくるプロジェクト」へ方向転換した。それぞれが納得できる方法で合意点を見つけ、そしてこのプロジェクトが実現した。どうすればお互いに納得できるのかを徹底的に話し合う姿勢がもたらした勝利だといえるだろう。

私の考えとしては、これは世の中のすべての事例には当てはめられないと思う。どんなに話し合っても、お互い納得できるポイントを見つけ出せないこともないとは言えないからだ。しかし、試してみる価値は大いにあると思う。誰もが賛成することを実行するのは簡単だが、いつもそうはいかない。賛成と反対の両者がいるなかで、それでも何かを前に進めなければならない時、話し合うことでお互いに納得できる方法を探すのだ。

次に2.については、私はトライメットの柔軟性に驚いた。同意が得られないのなら、徹底的に話し合おうと決められる潔さやそれを可能とする組織体制は、トライメットとポートランド市民との長年のかかわりの中で培われたものだろう。同じことを日本で、自分のまちで実現するにはかなりの困難があり、時間がかかりそうだ。しかし、「コミュニティの中にいる人こそが、問題解決に必要な知識を持っている。」という姿勢はすぐにでも見習い、実行するべきだ。私たち自治体職員は「自分は住民よりも色々なことを知っている」という意識を持ってしまいがちだからだ。地域に必要なものは地域住民が一番よく知っている。そしてその地域は住民のためのものなのである。

 

<感想>

 今回、完成した駐車場を訪れたことで、駐車場が単なるコンクリートの塊ではなく、生き物のようにこの地域と共存していく方法が住民らによって考え抜かれ、その未来のビジョンまでしっかりと描かれていることにとても驚いた。いずれ駅や駐車場周辺に植えられたオレゴン・オークの木々が育つことで、この駐車場はますますこのコミュニティに溶け込んだ存在になっていく。選ぶ道が違っていれば巨大なコンクリートの塊でしかなかったはずの駐車場が、オークグローブのエコシステムの中に取り込まれ、オークグローブそのものになっていくのだ。

 地域のことを一番よく知っている地域の専門家は、我々自治体職員ではなく住民だ。住民の底力をオークグローブで見せつけられた。

以上

 

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)