2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

2016年度国外調査)イブニングサイトビジット:「サウスウェスト公共交通計画」参加者レポート

キーワード:

調査地:米国オレゴン州ポートランド
日程:2016年7月30日(土) ~ 8月7日(日)
文責:福島県郡山市 髙橋哲雄、神奈川県大和市 新郷亜由美(2016年度参加者)

◆本調査の目的

オレゴン州最大の都市、ポートランド市とその近郊地域は、豊かな自然と、農業やハイテク産業等の地域産業の隆盛により人口の増加していく中で、行政が積極的に住民を巻き込み、住民主体のまちづくりを行ってきた。その結果、いま「全米一住みたいまち」と呼ばれ国内外から注目を集めている。

 第3回プログラムとなる国外調査は、このオレゴン州ポートランド市地域における市民と行政の関わり方を、現在ポートランドで起きている具体的な事例を切り口とし、講義や現場視察、行政・NPO・住民リーダーなど、様々な関係者との意見交換を通じて学ぶ。日本での常識が通用しない米国での文化環境の中で、ポートランドにおける住民と行政の関わり方を参考に、参加者自身の地域の状況を見直し、分析することで、住民主体のガバナンスのあり方に関する参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

 

◆調査内容

ポートランドプログラムは2011年以来、具体的な事例を切り口にして、地域における実践者や様々なステイクホルダーたちとの意見交換から、ポートランドにおける住民参加を考えると言うアプローチを取っている。1週間と言う短い期間で可能な限り学びを深める工夫の一つだ。事例は、①「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」②「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」の2つ。一つの事例から複数のことを学び取れるよう、プログラムが作りこまれた。

1週間のプログラムは、上記事例を中心として(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成された。

以下は、イブニングサイトビジット:「サウスウェスト公共交通計画」に関する参加者レポートである。

 

◆参加者レポート①


セッション:   サウスウェスト公共交通計画

日   時:   2016年8月3日(水)18:00〜21:00

スピーカー: クリス・リオンズ(クラカマス・カウンティ業務課マネージャー)

           マリアン・フィッツジェラルド(サウスウェスト・ネイバーフッド交通委員会副会長) 

文   責:髙橋 哲雄(郡山市)

<背景>

 移住によりポートランド市サウスウェスト地区で暮らす人が増えるにつれて、生活者たちが移動するための新たな手段を計画する必要が出てきている。当該地域は、ライトレール(通称マックス)の路線がカバーされていない最後の高密度区域の1つであり、メトロの「サウスウェスト・コリドー計画」では現在、ポートランド市、タイガード市、テュアラティン市を繋ぐ交通手段について調査を行っている。これにより、ポートランド市サウスウェスト地区の交通渋滞を解消し、快適な暮らしを維持しようとしているのだ。

 既存の公共交通機関のシステムでは、当該地域の交通量をカバーすることはできておらず、道路は渋滞を頻発し、幅員も狭いため歩行者や自転車は安全とは言えない状況に直面している。地域のリーダーたちは、この地域に暮らす住民、訪問者、通勤者たちが安全かつ効率的な移動手段をこの先何十年にわたり確保できるよう、こうした課題を解決できる最善の方法を研究しているが、そうした課題の解決に関する取り組みについて、現地に赴き対話を行った。

 

<記録>

 行政側の代表としてクラカマス・カウンティのクリスが、市民側の代表としてサウスウェスト・ネイバーフッド交通委員会のマリアンがそれぞれスピーカーとして、サウスウェスト地区が現在抱えている課題と、それに対する取り組みを説明した。実際に、拡張を計画している道路を歩いてきたが、歩行できるスペースはわずかしか確保されておらず、人が2人以上横に並んで歩くのには狭く感じた。また、帰宅ラッシュの時間だったこともあり、車道は渋滞しており、サウスウェスト地区にたどり着くまでのバスも渋滞を迂回して回り道を選択することとなった。道路1

 市民リーダーのマリアンは、サウスウェスト地区にのみ唯一マックスが開通しておらず、交通の便が悪いと語る。議員に陳情するも予算が確保できないという回答の一点張りだと憂いていた。マックスを開通しようとすると、用地の確保に多額の費用がかかるからである。

 一方で、クラカマス・カウンティに勤務するクリスも、生活者として道路の不便さを実感していた。彼の家の近くも、歩道や自転車道が確保できていないのだという。

 市民とカウンティが対話をしている中でも、様々な問題が浮上しているという。用地提供のために撤去しなければならない店舗があることや、道路を広げたことによってむしろ自動車の走行速度が上がり危険になるのではないかというリスクに加え、何より、用地を提供する地権者たちが、自分たちの声が計画に反映されるのかどうかということを非常に気にしているということであった。

 そうした課題と向き合うために、市民とカウンティは努力を続けている。クリスは、地権者達に月に1度Eメールを送ることによって事業の進捗状況を共有したり、また、市の職員と共に地区の委員会とウォーキングツアーやミーティングを企画している。市民と行政が密にコミュニケーションを取り、行政がそうした機会を作ることで様々なステークホルダーの意見が吸い上げられ、信頼関係が出来上がっていくのだという。

 そうした説明の後、Beer Stormingへと移行、スピーカーとの質疑応答を行った。

 

<考察>

 高橋さんマリアンとクリスに対し、同じ質問をした。サウスウェストの公共交通計画に関し、一番大事にしていることは何か?という問いである。それに対し2人は、「計画期間の向こう10年の間に事業が完了すること」が一番重要であると、同じ答えを出した。これは、市民と行政が同じ方向を向いているということの証であると感じた。

 次に二人はまた同様の答えを出す。「市民と行政の信頼関係が築け、いい雰囲気が作れること」であるという答えである。こうした信頼関係はいかにして構築されたのかを考察した。マリアンは、「クリスが情報を共有しようと努めてくれることで、それまで市民や行政だけでは実現できなかったことが実現できるようになったのだ。」と語る。一方でクリスは、「様々なステークホルダーの意見を計画としてまとめていくためには、ひたすら対話するしかない。」と語気を強める。

 お互いを尊重し、それぞれの意見を徹底的にぶつけ合うことで、合意が形成されていき、そうした合意形成の過程で信頼関係が醸成されていく。そうした信頼関係が出来上がることにより、「この道路ができてよかった」という雰囲気を地域で共有することができるのであろうと、一つの結論に達することができた。

 

<所感>

 私自身、道路整備に伴う用地取得業務を担当していることから、身近な立場で今回のセッションに参加することができたと感じている。私も用地交渉を行う上で、地権者と信頼関係を構築していくということに一番重きを置いていたつもりであったので、自分が意識していたことは間違ってはいなかったのだと思うことができた。

 その一方で、クリスを自分に置き換えた時に、自分にとってのマリアンは誰だろうかという問いを自分自身に投げかけた時に、その姿をイメージすることはできなかった。それは、真の意味で自分は地権者を信頼できていないからではないか、どこか疎ましく思っているところがあるからなのではないかということに気づいた。自分が目指していたのは、行政に都合のいい、うわべだけの信頼関係なのではないか、それに気づいた時に、頭を横殴りにされたような衝撃が自分の中に走った。

 クリスのように、「あいつに相談すれば大丈夫だよ!」と言われるような、そんな信頼される行政職員になるために、自分自身が着ている鎧を脱ぎ捨てて、市民の懐に飛び込んで対話ができるようになりたいと感じた。

以上

 

◆参加者レポート②


文責:神奈川県大和市新郷亜由美

<記録>

 8月3日(水)の夕方、ポートランド市サウスウェスト地区を路線バスにて訪れた。途中、道路はかなりの渋滞で、我々はこのエリアの抱える交通の課題をさっそく身を持って体験することとなった。

 この地域はマックス(ライトレール)の路線でカバーされていない最後の高密度地域の一つであり、住民は日々道路の交通量の多さに悩まされている。我々は、この地域のネイバーフッドで30年以上に渡って交通に関する活動を行ってきた住民のMarianne氏と、同じく住民として、ネイバーフッドで交通問題に3年前から取り組んでいるChris氏に、このエリアを実際に歩いて案内してもらった。

 彼らが取り組んでいる大きな課題は2つあり、1つはマックスの路線を引く計画、もう1つは道路の歩道整備計画だ。

マックスについては、当初の計画は1986年に既に立てられていたが、30年たった今でも実行に移されていない。この計画には、ただ線路をつくるだけではなく、線路を設置するために道路を拡張することも必要であり、莫大な費用がかかる。現在はこの計画にどれだけ予算が必要かを試算している段階だ。

マックス

<ポートランドのダウンタウンと郊外を結ぶマックス>

一方、歩道の整備計画に関しては費用面などから実現の見通しがはっきりしており、現在は住民同士で意見の共有を進めているところである。この地区は交通量が多いにも関わらず、歩道や自転車レーンが整備されておらず、家の玄関からほんの数歩外に出ただけで、交通事故の危険にさらされる環境にある。付近にはコミュニティカレッジや高校があり、日頃から歩行者の数も多い。

 

 自転車と道路

<歩行者のすぐ隣を車が走り抜ける>      <住宅の敷地を出てすぐのところに道路がある>

 この道路の付近に住み、幼い2人の子供の父親でもあるChris氏をはじめ、多くの住民がこの道路の危険性を恐れているという。そして、地域住民の長年の活動の結果、行政が動いた。この道路に歩道とバイクレーン(自転車専用道)を整備することが決まったのだ。工事費用はおよそ1,200万ドルがかかると見積もられているが、その費用をねん出するために、ガソリンへ期限付き課税が行われることになった。

 計画が実現に向けて進んだ現在、この計画へ積極的にかかわる住民が増えたとMarianne氏は言う。委員会のメンバーは約140人にのぼり、つい先日も、実際に道路を歩いてみるツアーを開催し、多くの住民が集まったそうだ。このプロジェクトの現在の大きなテーマは「地元の人たちと関わり、意見をシェアすることで、皆が納得できる成果物(道路)を作り上げること」である。例えば、「限られた予算を有効に使うために、バイクレーンは道路の両方に設置するが、歩道は片方だけに設置する」といったアイディアを委員会で出し合っているそうだ。

 

<考察>

 この事例において私が注目したのは、Chris氏とMarianne氏のリーダーシップである。道路工事のプロジェクトは、今でこそ地域の多くの住民の注目を集めているが、これはMarianne氏ら地域のリーダーが長年かけて育ててきたプロジェクトが、若い世代の新しい住民であるChris氏に受け継がれて今に至る、長年の取り組みの賜物なのである。

Marianne氏とChris氏には実は共通点がある。Marianne氏は長年オレゴン州に勤めてきた元職員であり、Chris氏もクラカマス・カウンティの職員だ。2人はポートランド市サウスウェスト地区の住民であると同時に、行政マンでもあるのだ。

行政の仕事での経験がこのプロジェクトに役立っているかを2人に尋ねたところ、2人とも答えは「イエス」だった。彼らは住民との対話をどのように進めればいいのか、そして行政と交渉するためにはどのような手段があるのかをよく知っている(実際にMarianne氏はポートランド市議会に意見を述べに行くなどの活動を展開している)。そしてもちろん、住民として自分が住むこの地域を誇りに思い、もっと良くしていきたいという強い信念を持っている。こんな心強いリーダーがいるからこそ、このプロジェクトはここまで前進して来られたのだろう。

 2人のように行政職員経験者でなくとも、コミュニティの中には自分のプロフェッショナルな分野をまちづくりに活かせる住民が数多くいるはずだ。建築家や、教育者、庭師、芸術家、各種研究者など、枚挙にいとまがない。こういったコミュニティの専門家がまちづくりの地域リーダーとして果たせる役割は大きい。我々行政職員は、こうした地域住民の専門性を発掘するための工夫に力を入れるべきだろう。

<感想>

 新郷さん記録でも述べたとおり、ポートランド市サウスウェスト地区における、マックスの路線整備計画は、まだまだ実現に向けて目の前に長い道のりが控えている。しかし、Marianne氏は我々を出迎えてくれたバス乗り場でこう言った。「10年後、ここが駅になるのを想像してみてください」と。

<10年後は、ここが地域住民の移動を支える鉄道の駅になる>

彼女たちにとって、道路の歩道整備やマックスの線路を引くといった地域の課題解決は実現を待つものではなく、自ら動き、実現させるものなのである。しかも、「いつか実現したらいい」ではなく、10年後、きっと実現させるものなのだ。コミュニティのリーダーの行動力は本当にすごい。彼女のようなリーダーがいるからこそ、Chris氏のような若い新しい世代のリーダーがそこに集まってくるのだろう。10年後ここは本当に駅になっているに違いない。そして住民が今よりもっと誇りをもって幸せに暮らせるコミュニティになっていることだろう。

以上

 

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)