2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

(2016年度国外調査)イブニングサイトビジット:「ホームレスキャンプ」参加者レポート①

キーワード:

調査地:米国オレゴン州ポートランド
日程:2016年7月30日(土) ~ 8月7日(日)
文責:茨城県高萩市 廣木孝彦(2016年度参加者)

◆本調査の目的

オレゴン州最大の都市、ポートランド市とその近郊地域は、豊かな自然と、農業やハイテク産業等の地域産業の隆盛により人口の増加していく中で、行政が積極的に住民を巻き込み、住民主体のまちづくりを行ってきた。その結果、いま「全米一住みたいまち」と呼ばれ国内外から注目を集めている。

 第3回プログラムとなる国外調査は、このオレゴン州ポートランド市地域における市民と行政の関わり方を、現在ポートランドで起きている具体的な事例を切り口とし、講義や現場視察、行政・NPO・住民リーダーなど、様々な関係者との意見交換を通じて学ぶ。日本での常識が通用しない米国での文化環境の中で、ポートランドにおける住民と行政の関わり方を参考に、参加者自身の地域の状況を見直し、分析することで、住民主体のガバナンスのあり方に関する参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

 

◆調査内容

ポートランドプログラムは2011年以来、具体的な事例を切り口にして、地域における実践者や様々なステイクホルダーたちとの意見交換から、ポートランドにおける住民参加を考えると言うアプローチを取っている。1週間と言う短い期間で可能な限り学びを深める工夫の一つだ。事例は、①「MAXオレンジライン開通、パークアベニュー駅完成後のアーバン・グリーンの取り組み」②「アワー・ユナイテッド・ビレッジ:コミュニティづくりにおける巻き込み・実行・経験の語り伝え」の2つ。一つの事例から複数のことを学び取れるよう、プログラムが作りこまれた。

1週間のプログラムは、上記事例を中心として(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成された。

以下は、イブニングサイトビジット:「ホームレスキャンプ」に関する参加者レポートである。

 

◆参加者レポート①

(本ケーススタディの参加者レポート②はこちら


<記録>

【リビルディングセンターによるホームレス支援】リビルディングセンターマネージャー:トム氏

 リビルディングセンターでは、資材の再活用を通して、人々のモノの見方を変えていくこと、また人やモノの価値を再確認することをテーマとしている。そして、活動の中で集められた資材をホームレスキャンプに寄付することにより、ホームレス自身がコミュニティで暮らすこと(寄付された資材は住居を建てることに充てられる)、人として最低限のニーズを満たすことにより、自分自身の価値に気付くよう支援を行っている。

 ホームレスとなった人は、その時点で自尊心を失っていることが多く、ただ場所を提供するだけの場当たり的な支援ではエンパワメントの実現は難しい。一時的な支援とならないようにホームレス自身がコミュニティの中で暮らすことが重要である。このキャンプにくることにより、会話をしたり、作業をしたり、コミュニティ内のルールを作ったり、人としての最低限のニーズを満たすことで安眠できる、犯罪がない環境を作りだす、つまりコミュニティを自分達自身で作ることが大切である。

 自分たちでコミュニティを作り、自分の価値を再発見することにより、このキャンプを出て元々のコミュニティに戻ることも可能だと考えている。※このキャンプはオープンしてまだ9ヶ月なので出た人はいない。

 

【コミュニティができるまで】キャンプ内リーダー

 約4年前、社会活動家としてポートランド市役所前で抗議活動を行っていた。3年ほど市役所前でテントを張って活動していると、現在のキャンプ地にいた人(ホームレス)から相談が入り何人かで移動することにした。警察と戦う覚悟でいたが、特に何もなかったのでそのままいることとなり、トム氏のような支援者とつながることで、ここに自分たちのまちを作ろうということになった。

 見ず知らずのホームレスが、土地があるだけの地に集まり、ここで生活するために何が必要なのかを話し合った。家が必要(トム氏などからの支援あり)、外から自分たちを守るために自警団を結成、コミュニティ内の秩序を守るためにルール作りが必要など。こういったことを皆で話し合いながら進めてきた。

 

コミュニティとして運営するために】キャンプ内リーダー

 このキャンプは、今まで行政がホームレス支援をしてきてできなかったことを可能にしている。なぜできるようになったのか、それはキャンプ内のメンバーで徹底的に話し合って物事を決めているからである。毎週土曜日に全員で会議を行い、キャンプ内での計画や決め事を話し合っており、何か決めるときには90%以上の賛成がないとできないようにしている。なぜ90%かというと、そこまで話し合いをして合意を得ることができれば、その後に反対や文句が起こることはまずないと考えているためであると。

 

【ホームレスキャンプの今後】

 13873129_877749375663028_5264907621462136570_n[1]ポートランド市内において家賃が急騰している地域もあり、今後家賃が払えないことによりホームレスになりかねない人がたくさんいる。そのためホームレスを他人事ではなく、先入観を捨て考えられるようにしなければならない。

 そのために先日初めてコンサートを実施し、市民活動家、支援者、ポートランド市、付近のコミュニティの人たちを招待して、キャンプの実態を見てもらった。来た人の反応はよく、メディアもポジティブに扱ってくれ、一定の手ごたえを感じている。

 課題として、現在25名がこのキャンプに住んでいるが、受け入れは30名が限度であり、今後増えていくとまたどこかに場所を探さなければならない。

 

 最後にメッセージとして、みな様々な立場にいると思うが、まったく知らない他人に対して何ができるかを考えてほしいと思っている。

 

■考察・感想

 廣木さんまずイメージしていたホームレス支援というと、場所(住む家)を用意して、食べ物を与え、とりあえずそこに住んでもらうという形、つまり最低限の衣食住を保証することと思っていた。ところがこのホームレスキャンプはまったく逆で、土地しかないところに知らない人達(ホームレス)が集まり、生活インフラがない中で自分達にとって何が必要なのかを考え話し合って、それでは家がないから家を作る(そこには外部の支援が入る)といった過程を経てコミュニティが作られているということにまず驚かされた。

 いわゆる社会的弱者を救済するのはまずは行政がやるものとイメージされているが、ここでは行政や団体からの支援というのは必要最小限であり、まずはそこに住む人が自分たちで話し合って決めることから始まっていることが、支援とはなにか、サポートとはなにかを考えさせられた。また「住民自治」とはこういったことなのかもしれないとも。

 住民自治といえば、ここの住人(現在25名)は毎週土曜日に全員が集まり、コミュニティについて議論を交わし、何か新しいことを始めるとか何かを変えると言った時には90%以上の同意がないと実施しないとのこと。徹底的に話し合って決めると強調していた。ホームレスというと生活力など、そういったものが劣っていると考えられがちであるが、それでも彼らは彼らで、何もないところから全員でルールを作って、コミュニティを成り立たせ運営していくことが可能であることを証明していた。

エンパワメントの視点でいうと、コミュニティを自ら作っていくことがいかに重要であるかが示されていた。衣食住が与えられる環境では、その人たちは自ら考えることができず場当たり的な支援にしかならず、自立することができない。しかし何もないところで人が集まり、生活するために皆が話し合っていく中でコミュニティが作られていく過程において、自分自身が何かしなければならない、役割が必要となってくる、誰かのためにやらなければならない、といった過程を経ることで自らの価値に気づき自立へと繋がっていくのだろうと感じた。そして、これらを実現するためには、支援団体や行政が「コントロール」ではなく、「サポート」をしなければならないこと。要支援者と対話をすることによって、彼らにとって何が必要かをしっかりと見極めサポートしていくことが重要であると感じた。

以上

 

関連レポート

2014年度
・  2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~:住民主体のまちづくり

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ:ライトレール(軽量軌道:LRT)延伸に伴う新駅建設プロジェクト

・ (2014年度国外調査)ケーススタディ: ポートランドプラン(多様性を反映した包括的戦略計画)策定プロジェクト

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:ビーバードン市多様性推進諮問委員会

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:都市計画及び持続可能性対策局

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:SWNI(スウィニー)

・ (2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

2013年度
2013年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)
米国の合理的配慮から「公」のあり方を再考する

2012年度
2012年度国外調査(米国オレゴン州ポートランド)(レポート)