2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 「課題」発見・解決

亀井さん5

まずは問いより始めよ ~課題設定と課題解決~

講師:亀井善太郎(東京財団政策研究ディレクター兼研究員)

◆講義のねらい 地域の課題を解決するのが自分の仕事だ。皆さんはそう言う。では、皆 …

_MG_7152 2-5-河野 一覧

あるもの探しで地域を元気に:川南地元学

講師:河野英樹(川南町総合政策課課長補佐兼企画政策係長)

2004年当時、川南町農林水産課に所属し、川南町認定農業者協議会の事務局を担当していた河野英樹氏は、同協議会で地域を元気にすることがなにかできないかと悩んでいた。そんな時に出会ったのが、吉本氏が提唱する地元学だった。早速川南町で実践してみた。「ないものねだりではなくあるもの探し」、ここから川南町の元気づくりが始まった。

川掃除から始まった河野氏らの活動は、「川南町の四季を食べる会」の発足、そして近隣自治体を巻き込んだ鍋合戦に発展した。その後も、トロントロン軽トラ市の開催、新ご当地グルメ「浜うどん」の誕生といった、新たな「元気」が生まれてきている。川南町の「元気」は町内に留まらず、近隣自治体にも良い波及効果を及ぼし始めているそうだ。・・・("続きを読む"をクリック)

佐川一覧

いえづくりのプロであるということ

講師:佐川旭(建築家、一級建築士、女子美術大学非常勤講師、㈱佐川旭建築研究所代表)

「まちづくり」と「いえづくり」は似ている点が多い。生涯で一度あるかないかのいえづくりに臨む家族をプロフェッショナルとしてサポートし、彼らが竣工時ばかりでなくその後も満足するいえをいっしょにつくるのが建築家だ。家族の中でも意見は異なる、すべての意見を取り入れることは難しい。予算や法令の制約もある。いまの家族と年を経た家族は違う形になっているかもしれないが、大概はそこまで家族は考えが及ばない、そこまで先回りして一緒に考えるように促すのもいえづくりのポイントだ。けっきょく、いえづくりの結果を引き受けるのは家族なのだ。"いえ"を"まち"に、"家族"を"住民"に読み替えれば、ほとんど同じだ。

Resized_P1020938

目の前の仕事を見直す

講師:大澄憲雄(浜松市 総務部人事課組織・任用グループ 主任、2009年度週末学校OB)、岡田直晃(習志野市 財政部資産管理室資産管理課 主幹、2009年度週末学校OB)、高橋直子(北上市 生活環境部環境課新エネルギー係 主任、2010年度週末学校OG)、山根晃(足立区 福祉部北部福祉事務所 所長、2010年度週末学校OB)、亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)、他

本講義は、東京財団週末学校の集大成ともいえる「私の政策提言」の大枠を示し、その理解を促すと共に、その前段として行う「目の前の仕事を見直す」についても併せて、その意義を伝えることを目的としています。東京財団週末学校は全10回のプログラムです。すでに第4回を迎え、大きな流れとして見れば中盤に差し掛かったところです。しかし、それらの学びがいかに自分自身の変化、それも何かしらの行動に結びつくかどうかが重要です。中には、まだ行動という意味では変化に至っていない人もいるかもしれません。自ら変わるということはなかなか簡単なことではありません。しかし、自らの変化が何なのか、そこに向き合ってこそ、こうしたプログラムに参加する意味もより深いものになるのだと思います。

14l-2012

事業仕分けの実践

講師: 構想日本事業仕分けチーム

5月以降のこれまでの講義では、「公とは何か」、「自治体における直接民主主義」、「官民連携のあり方」、「論点思考」、「地方分権」等を学んできた。では、今のあなたは、これらを自分の担当業務や自治体の現状にあてはめて考えられているだろうか。
「事業仕分け」の1つの大きな特徴は、抽象的にあるべき論を語るのではなく、個別具体の事務事業に関する議論を通じて、「公」の範囲やその担い手・担い方をひとつひとつ問い直していくということにある。これまでの講義で学んだことを「わかったつもり」のままにしておくのではなく、事業仕分けという手法を利用し、自らが関わる個別事業を改めて見直してみよう。

13l-2012

「国土資源保全プロジェクト」に学ぶ課題設定

講師:吉原祥子(東京財団研究員・政策プロデューサー)

外資による森林売買の問題は、メディア等で「外資が水源林を買収」という事象面がことさら取り上げられているため、一見、外資と水源地域の課題と捉えられる傾向にある。しかし、根本課題は、「土地・水・森林」の所有・利用のあり方や仕組みが、国土資源を守りつつ経済活動を支えるものになっていないこと、また、土地に関する諸制度が旧態依然のままであり、国土の所有実態を行政が正確に把握しきれない、というところにある。

12l-2012

「私の政策提言」について

講師:冨田清行(東京財団ディレクター(政策研究)・研究員)、亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)

多くの自治体職員にとって、日々の業務をこなすことが目的となり、本当に自身がやりたいこと、やるべきことが見えなくなっているのではないか。「なぜあなたはこの仕事をやっているのか」と聞くと、「前任者に引き継がれたから・・・」、「上司に言われたから、首長のマニフェストだから・・・」と答える人もいる。しかし、本当にそれで良いのだろうか。週末学校の趣旨は、そもそも行政が取り組んでいる仕事とは何のためかを考えるきっかけとなることである。そして、地域自らがその地域の豊かさについて考え、当事者である住民と自治体職員がよりよい地域をつくるために具体的に動き出すことを目指している。

7l-2012

特別公開シンポジウム 「私たちはここから日本を変えたい~首長達と語る地域に最適な行政~」

パネリスト: 伊澤史夫(千葉県白井市長)、片山健也(北海道ニセコ町長)、 中山弘子(東京都新宿区長)、松島貞治(長野県泰阜村村長) ※五十音順  
モデレーター:亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)

日本の自治体数は、現在約1,750。そのひとつとして、人口構成、財政規模、自然・風土、文化等、どの側面から見ても同一の自治体は存在しない。豊かな多様性の一方、国による画一的なコントロール(法令、通達等)を受け、自治体・地域運営は金太郎飴のように特色がなくなってしまったと言われて久しい。しかし、各地域に暮らす住民の顔は、それぞれ全く異なる。住民の顔を思い浮かべ、彼らの声に耳を傾け、彼らの生活に寄り添おうとすれば、自ずと自治体・地域経営の方法は異なってくるはずだ。

Uchida2012.l

課題発見と課題解決

講師:内田和成(早稲田大学ビジネススクール教授)

自治体であっても企業であっても、本当の課題を見出すことは実は難しい。本当の課題を見出せないがゆえに、せっかくの努力が無駄に終わってしまっている事例はいくらでもある。本講義では、課題解決のプロとして実際の現場で活躍してきた内田和成氏に、問題の本質を見極めるための思考方法について学ぶ。後半はケーススタディを交え、実践的なトレーニングを行う。

0.1l

事業仕分けの実践を通じて学んだこと

講師:荒井英明(厚木市こども未来部こども育成課 課長)、石井聡(逗子市秘書広報課 秘書係長)、伊藤伸(構想日本政策担当ディレクター、内閣府行政刷新会議事務局参事官)、亀井善太郎(東京財団研究員兼政策プロデューサー)※肩書きは当時

本講義は、事業仕分けの概要や意義を理解したことを踏まえ、実際に「事業仕分け」を体験する。具体的には、①研修生自らが担当している業務を対象に模擬で事業仕分けを行い、自らが説明者、仕分け人を体験することで、行政事業の課題の探り方やその背景にある考え方を我が身のものにするきっかけとする。②実際に行われる自治体の「事業仕分け」(神奈川県藤沢市)を傍聴する。