2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: リーダーシップ

1l

地方議会の役割

講師:中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

「地方議会」とは何か。二元代表制において議会(議事機関)と首長(執行機関・自治体)は、より良い地域をつくるために、政策提案から執行までの政策過程全体にわたって、両者がそれぞれの特性を活かし、住民の声を汲み取りながら切磋琢磨することで、個別の利益代表ではなく、地域経営の代表者としてあるべきだ。しかし、多くの自治体職員にとって「地方議会」や「地方議会議員」とは、本来あるべき姿とは大きく異なる存在であろう。時として「議会」は行政の邪魔をする存在に思え、地域を共につくるパートナーとは思えないのが現実ではないか。

12l-2R

「場所文化」が秘めるポテンシャル

講師:後藤健市(LLC場所文化機構 代表)

あなたは自分の地域を誇りに思っているだろうか?東京に住んでいるのはカッコ良くて、田舎はダサいという意識を持っていないだろうか?地域に住む人々が自らの地域を誇りに思い、前向きな気持ちで行動することで、必ずまちは元気になる。いま地域に求められているのは「覚悟」だ。必要なのは完璧なまちづくり計画や財源ではなく、失敗を恐れずに行動を起こす気持ちである。

13l-2R

「場所文化」が秘めるポテンシャル

講師:後藤健市(LLC場所文化機構 代表)

2011年6月4日に実施された講義「『場所文化』が秘めるポテンシャル」を動画でお …

19l

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

川根振興協議会は、産業振興、福祉、防災、伝統文化保全など幅広い分野において総合的に活動を展開している、住民総参加の自治組織である。同協議会の発足は1972年、防災という、全住民に共通する課題から活動を始め、その後、暮らしの安全・安心、楽しさ・豊かさに関する地域課題に対して、ひとつひとつ取り組んできた。

20l-2R

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

辻駒氏の講義「手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ」を動画でお届けします。

28l

課題発見と課題解決

講師:内田和成(早稲田大学大学院商学研究科、早稲田大学ビジネススクール教授)

地域を取り巻く「課題」と呼ばれるものはたくさんある。私たちは数ある課題の中から、自分が取り組むべき課題を選び、その解決に取り組んでいる。しかしそれよりももっと大切な課題はないのだろうか。私たちが課題と考えているもの、実はそれは課題によって引き起こされている事象に過ぎないのではないだろうか。

24l-3R

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

地域リーダーの果たす重要な役割として、地域が直面する課題の解決がある。また課題解決のやり方には様々なプロセスがある。4人の地域リーダーはどのようなプロセスを経て地域の課題に取り組んできたのだろうか。

25l

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」を動画でもお届けします。

67l

減税自治体構想

講師:山田宏(杉並区長)※肩書きは当時

杉並区は徹底した行財政改革によって、区債完済の目途が見えてきましたので、今まで区債の返済等に充てていた区の予算、年間150億円程度を毎年積み立てて運用し、その利子によって減税を実施するもので、10年後には1割の区民税減税が見込めます。壮大ですが100年積み立てれば無税にすることも夢ではありません。

104l

(国内視察) 国に頼らない創意工夫の地域づくり ~長野県栄村~

視察先:長野県栄村

36名の研修生は、3つのグループに分かれ、国に頼らない創意工夫の行政や地域活性化に取り組んでいる自治体を訪問しました。長野県栄村視察班は、日本一の豪雪地域という厳しい環境にありながら、持続可能な行政運営を実施している、同村独自の住民自治を視察しました。実際に現場を見て、多くの方の話を聞くことで、これからの自治体のあり方や地域活性化の方向性を考えました。