2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 二元代表制

1l

地方議会の役割

講師:中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

「地方議会」とは何か。二元代表制において議会(議事機関)と首長(執行機関・自治体)は、より良い地域をつくるために、政策提案から執行までの政策過程全体にわたって、両者がそれぞれの特性を活かし、住民の声を汲み取りながら切磋琢磨することで、個別の利益代表ではなく、地域経営の代表者としてあるべきだ。しかし、多くの自治体職員にとって「地方議会」や「地方議会議員」とは、本来あるべき姿とは大きく異なる存在であろう。時として「議会」は行政の邪魔をする存在に思え、地域を共につくるパートナーとは思えないのが現実ではないか。

24l-3R

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

地域リーダーの果たす重要な役割として、地域が直面する課題の解決がある。また課題解決のやり方には様々なプロセスがある。4人の地域リーダーはどのようなプロセスを経て地域の課題に取り組んできたのだろうか。

25l

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」を動画でもお届けします。

68l

地方議会の現状と展望

講師:中尾修(東京財団研究員、前栗山町議会事務局長)

首長・議会はともに選挙で選ばれますが、そこに表れる民意にはずれが生じます。この2つの機関が民意をめぐって競争するというのが二元代表制です。首長は市民参加を求めますが、議会も機関として民意を汲み取る努力をするのは当然です。本来、議会こそ民意を汲み取る事が得意技なはずです。

43l

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、前我孫子市長)

「地方分権が進むから、それに対応できる能力を持った自治体にならねばならない」と、真面目な自治体職員ほど言うことが多い。しかし、誰か(国)が地方分権を進めるから、自治をやるのだろうか?

120l

地域の自立と再生 (音声)

講師:片山善博(慶応義塾大学教授、前鳥取県知事)

片山氏の講義「地域の自立と再生」の一部を、音声でお届けします。

125l

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、前我孫子市長)

福嶋氏の講義「自治をつくる」の一部を、動画でお届けします。