2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 住民協働

19l

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

川根振興協議会は、産業振興、福祉、防災、伝統文化保全など幅広い分野において総合的に活動を展開している、住民総参加の自治組織である。同協議会の発足は1972年、防災という、全住民に共通する課題から活動を始め、その後、暮らしの安全・安心、楽しさ・豊かさに関する地域課題に対して、ひとつひとつ取り組んできた。

20l-2R

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

辻駒氏の講義「手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ」を動画でお届けします。

14l-2Rjpg

官民連携の現場から

講師:足立千賀子(千葉県助産師会助産師)、小池博幸(我孫子市市民生活部市民活動支援課 主査長)、新保寛子(我孫子市 前健康福祉部長)、山下浩二(高浜市行政管理部 主幹)

「公共の担い手は多様である」とは言うものの、行政サービスの民営化が進むことで、サービスの質は低下するのではないか、やはりコストカットが本旨なのではないか、といった行政側が拭いきれないもやもや感に対し、実際に現場で問題に直面し、民間事業者や住民と共に乗り越えてきた行政職員の体験を聞き、「官民連携」の真の意義について学ぶ機会とする。

15l

官民連携の現場から

講師:足立千賀子(千葉県助産師会助産師)、小池博幸(我孫子市市民生活部市民活動支援課 主査長)、新保寛子(我孫子市前健康福祉部長)、山下浩二(高浜市行政管理部 主幹)

講義「官民連携の現場から」を動画でお届けします。

23l

「官民連携」とは何か

講師:亀井善太郎(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

役場の窓口に来る住民を「お客様」と呼ぶところがある。いつのまにか、行政はサービスを提供し、住民はそのサービスを受けるという関係が作られてきている。住民が “公共”を行政任せに、行政は”公共”を独占してきた結果、行政の肥大化、非効率化も進んだ。そして、財政問題を通じて、そのツケは住民に回ってきている。

47l

地域ぐるみによる観光まちづくり

講師:清水愼一(株式会社ジェイティービー 常務取締役)

観光は、どこにでもあるような箱モノやイベントによってではなく、その地域にあるものやそこに生活する人々の暮らし自体の魅力によって成り立ちます。これからは、人々の暮らしと観光を一体的に捉えた観光振興が求められます。

40l

次世代が育ち、活躍する地域を創るために ~社会起業家との連携を通して~

講師:宮城治男(NPO法人ETIC.代表理事)、西辻一真(株式会社マイファーム代表取締役)、竹本吉輝(株式会社トビムシ代表取締役)、畦地履正(株式会社四万十ドラマ代表取締役)

地域産業と若者の連携で動き始めた地域の事例に学び、インターンシップや創業支援など若者に機会を提供しつつ、地域が変革していく方法を考えた。また、地域における次世代への変革と創造に社会起業家が果たす役割、そのビジネスモデルと効果的なパートナーシップのあり方、ならびにその新しい可能性について考えた。

41l

市民の公共をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、前我孫子市長)

「公共」とは大きく言えば社会のことです。それは、役所や官僚の社会、政治家の社会ではなく、市民の社会でなければいけません。つまり公共は「市民の公共」しかありません。「官の公共」など存在してはなりません。政府・行政は、市民が「市民の公共」を作るための道具の一つです。

59l-2R

公共の担い手としてのNPO

講師:田中尚輝 (公益社団法人長寿社会文化協会(WAC) 常務理事、NPO法人市民福祉団体協議会 理事・専務理事)

NPOとは、目の前で困っている人を助け、必要なサービスを提供する非営利の団体です。その上でさらに「世の中を変える活動」を行うのが本来のNPOの姿です。そもそも、なぜNPOが社会に出現してきたのでしょうか。それは、行政と企業の二大セクターが日本社会を支配してきたシステムそのものが壊れざるを得ない状況にあり、日本社会の転換が余儀なくされているからです。

63l

連携から融合へ~川と福祉

講師:石川治江(NPO法人ケア・センターやわらぎ 理事長)

2010年6月12日に実施された講義より、一部抜粋してお届けしています。