2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 国と地方の関係

037_R

「住民自治と自治体改革」

講師:片山健也(北海道ニセコ町長)

地方自治の本質は「住民自治」にある。では、住民自治とは何か。
片山氏は、戦後右肩上がりの経済成長の中で、行政は地域の相互扶助の力を奪ってしまったと主張する。そして、行政が担ってきた仕事を“解体”して、本来やるべき主体に返し、次の社会に引き渡していく仕組みを作ることが、これからの行政の役割だと言う。
ニセコ町では、徹底的に「情報共有」と「住民参加」にこだわり、実践を積み重ねている。職員は、住民の日々の暮らし・意思・価値観を町の政策に反映させ、その熟度を高めるべく、日々住民とのやりとりの中にいる。日本初の自治基本条例である「まちづくり基本条例」があるから、住民自治の盛んなまちになったわけではないのである。

一覧用中尾さん.2JPG

住民・行政・議会、三者の関係から自治を考える

講師:中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

◆本講義の目的   これまでニセコ町と和光市の取り組みから、地方自治における行政 …

中尾さん3

住民・行政・議会、三者の関係から見えてくるもの ~全国に広がる地方議会改革~

講師:中尾修(東京財団研究員、元北海道栗山町議会事務局長)

◆講義のねらい 地方議会は自治体の条例や予算を決定する機関、すなわち地方自治体の …

2015fukushima.s

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、中央学院大学教授、 元我孫子市長、元消費者庁長官)

◆講義のねらい 2000年に施行された地方分権一括法により、国と地方の関係は制度 …

naruko2

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)、安部祐輝(大崎市産業経済部農林振興課農業経営係長)

農業について考える時、政策面から産業としての農業単体で捉えられることが多くはないだろうか。しかし、現場目線でよくよく見てみれば、農業とは、地域の風土、文化、風習と不可分のものあり、それ自体がその地に暮らす人々の日々の営みだということが見えてくる。つまり、農業をめぐる課題は、農政改革だけをもって解決し得るものではなく、地域に暮らす人たち自身が、ここでの生活をどうしていくかという根本的な問いに向き合うことで、それぞれの進む道を考えていくしかない。地域の潜在的な力を引き出し、地域が自立していくには、何が必要なのだろうか。渦の中心で、農業の現場と行政の現場、それぞれのリーダーとしてプロジェクトを牽引してきた二人の姿勢や考え方から、学んでほしい。

0517_Nakao_1

全国に広がる地方議会改革 ~住民・行政・議会、三者の関係から見えてくるもの~

講師: 中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

地方議会は自治体の条例や予算を決定する機関、すなわち地方自治体の「意思決定機関」である。その性格上、行政のチェック機関としての役割を持ち、とかく個別最適に陥りがちな行政を正すべく、二元代表制の一翼を担っている。しかし現実は本来あるべき姿からはほど遠く、住民のみならず、長(行政)や議会までもが議会の役割を正しく理解しているとは言いがたい。多くの自治体で議会そのものが機能していないのが現状ではないだろうか。

naruko_ichiran

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~

講師: 上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)、安部祐輝(大崎市産業経済部農林振興課農業経営係長)

地域の農政を考えようとしたとき、それは農政単独のこととして考えられ、対応されることが多い。しかし、日本の農業の現状をよくよく考えてみれば、それは地域に伝えられた文化や風習そのものと不可分であり、日々の暮らしと一体と見るべきであろう。つまり、農政をめぐる課題は単独のものではなく、地域に暮らす人たちが自分自身のこととして捉え、・・・

_MG_2741 2-1一覧

全国に広がる地方議会改革 ~住民・行政・議会、三者の関係から見えてくるもの~

講師:中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

地方議会は自治体の条例や予算を決定する機関、すなわち地方自治体の「意思決定機関」である。その性格上、行政のチェック機関としての役割を持ち、とかく個別最適に陥りがちな行政を正すべく、二元代表制の一翼を担っている。しかし現実は本来あるべき姿からはほど遠く、住民のみならず、長(行政)や議会までもが議会の役割を正しく理解しているとは言いがたい。・・・

sumbnail

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、中央学院大学教授、前消費者庁長官、元我孫子市長)

2000年に施行された地方分権一括法により、国と地方の関係は制度上、基本的に対等になった。しかし、10年以上経っても、国と地方が上下関係であるような意識や慣習が、双方に存在している。とくに、多くの自治体は依然として、「国の指示どおりに」、「前例に従って」、「他市と歩調をそろえて」という思考パターンで行動しているように見える。・・・

14l-2012

事業仕分けの実践

講師: 構想日本事業仕分けチーム

5月以降のこれまでの講義では、「公とは何か」、「自治体における直接民主主義」、「官民連携のあり方」、「論点思考」、「地方分権」等を学んできた。では、今のあなたは、これらを自分の担当業務や自治体の現状にあてはめて考えられているだろうか。
「事業仕分け」の1つの大きな特徴は、抽象的にあるべき論を語るのではなく、個別具体の事務事業に関する議論を通じて、「公」の範囲やその担い手・担い方をひとつひとつ問い直していくということにある。これまでの講義で学んだことを「わかったつもり」のままにしておくのではなく、事業仕分けという手法を利用し、自らが関わる個別事業を改めて見直してみよう。