2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 国と地方の関係

7l-2012

特別公開シンポジウム 「私たちはここから日本を変えたい~首長達と語る地域に最適な行政~」

パネリスト: 伊澤史夫(千葉県白井市長)、片山健也(北海道ニセコ町長)、 中山弘子(東京都新宿区長)、松島貞治(長野県泰阜村村長) ※五十音順  
モデレーター:亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)

日本の自治体数は、現在約1,750。そのひとつとして、人口構成、財政規模、自然・風土、文化等、どの側面から見ても同一の自治体は存在しない。豊かな多様性の一方、国による画一的なコントロール(法令、通達等)を受け、自治体・地域運営は金太郎飴のように特色がなくなってしまったと言われて久しい。しかし、各地域に暮らす住民の顔は、それぞれ全く異なる。住民の顔を思い浮かべ、彼らの声に耳を傾け、彼らの生活に寄り添おうとすれば、自ずと自治体・地域経営の方法は異なってくるはずだ。

4l-2012

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、消費者庁長官、前我孫子市長)※肩書きは当時

2012年5月19日に実施された福嶋浩彦氏の講義を動画でお届けします。

130l

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、消費者庁長官、前我孫子市長)※肩書きは当時

2000年に施行された地方分権一括法により、国と地方の関係は制度上、基本的に対等になった。しかし、10年以上経っても、国と地方が上下関係であるような意識や慣習が、双方に存在している。とくに、多くの自治体は依然として、「国の指示どおりに」、「前例に従って」、「他市と歩調をそろえて」という思考パターンで行動しているように見える。

1l

地方議会の役割

講師:中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)

「地方議会」とは何か。二元代表制において議会(議事機関)と首長(執行機関・自治体)は、より良い地域をつくるために、政策提案から執行までの政策過程全体にわたって、両者がそれぞれの特性を活かし、住民の声を汲み取りながら切磋琢磨することで、個別の利益代表ではなく、地域経営の代表者としてあるべきだ。しかし、多くの自治体職員にとって「地方議会」や「地方議会議員」とは、本来あるべき姿とは大きく異なる存在であろう。時として「議会」は行政の邪魔をする存在に思え、地域を共につくるパートナーとは思えないのが現実ではないか。

0.1l

事業仕分けの実践を通じて学んだこと

講師:荒井英明(厚木市こども未来部こども育成課 課長)、石井聡(逗子市秘書広報課 秘書係長)、伊藤伸(構想日本政策担当ディレクター、内閣府行政刷新会議事務局参事官)、亀井善太郎(東京財団研究員兼政策プロデューサー)※肩書きは当時

本講義は、事業仕分けの概要や意義を理解したことを踏まえ、実際に「事業仕分け」を体験する。具体的には、①研修生自らが担当している業務を対象に模擬で事業仕分けを行い、自らが説明者、仕分け人を体験することで、行政事業の課題の探り方やその背景にある考え方を我が身のものにするきっかけとする。②実際に行われる自治体の「事業仕分け」(神奈川県藤沢市)を傍聴する。

10l

本来の「事業仕分け」の意義

講師:伊藤伸(構想日本政策担当ディレクター、内閣府行政刷新会議事務局参事官)

事業仕分けの目的は、予算削減だけではない。地方自治体が行っている行政サービスのそもそもの必要性や実施主体(国・県・市町村・民間など)について、行政の現場で行われている仕事について具体的に議論することで、①自治体が取り組むべきサービスの明確化、②国・地方間の役割分担の再整理、③地方に対する国のコントロールの原因のあぶり出しも重要な要素である。

21l

実践的住民自治への道

講師:髙橋彦芳(長野県栄村前村長)

長年公民館主事として、住民と共に汗をかいてきた経験から、村のために最も必要なのは住民自治であると確信していた。しかし行政に甘えることに慣れてしまった住民はなかなか理解しない。そこで、行政が共に汗をかくことで、住民に頭ではなく体で住民自治を覚えてもらおうと考えた。これが「実践的住民自治」の始まりである。

22l

実践的住民自治への道

講師:髙橋彦芳(長野県栄村前村長)

髙橋氏の講義「実践的住民自治への道」を動画でお届けします。

24l-3R

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

地域リーダーの果たす重要な役割として、地域が直面する課題の解決がある。また課題解決のやり方には様々なプロセスがある。4人の地域リーダーはどのようなプロセスを経て地域の課題に取り組んできたのだろうか。

25l

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」

パネリスト:芹澤勤(長野県小諸市長)、寺谷誠一郎(鳥取県智頭町長)、森貞述(愛知県前高浜市長)、山中光茂(三重県松阪市長) ※五十音順

特別公開シンポジウム「地方にこそ可能性がある」を動画でもお届けします。