2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 国内調査

amano_list

(2014年度国内調査)天の製茶園:環境マイスターのものづくり現場~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 天野茂、浩 (天の製茶園)

「まちづくりはそこに住む人々の『想い』から始まる」。週末学校では、このメッセージを一貫して伝え続けている。この「そこに住む人々の『想い』」とはどのようなものだろうか。そして、そこからスタートしたまちづくりとは、どんな様相を呈しているのだろうか。以下では、標高600メートルに位置する石飛高原で完全無農薬・無化学肥料でお茶を栽培し、水俣市環境マイスターにも認定されている天野茂さん、浩さんにお会いした際の、参加者レポートを紹介する。

kagumeishi_list

(2014年度国内調査)頭石村丸ごと生活博物館~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 勝目豊(頭石村丸ごと生活博物館代表)、山口和敏(同博物館生活学芸員)、地区のお母さん方、冨吉正一郎(水俣市職員)

「まちづくりはそこに住む人々の『想い』から始まる」。週末学校では、このメッセージを一貫して伝え続けている。この「そこに住む人々の『想い』」とはどのようなものだろうか。そして、そこからスタートしたまちづくりとは、どんな様相を呈しているのだろうか。以下では、熊本県水俣市頭石(かぐめいし)地区を訪れ、村の自然や生活全てを展示物として見立てたいわば“屋根のない博物館”である「村丸ごと生活博物館」を体験した際の、参加者レポートを紹介する。設立当初から同博物館の運営を担う勝目豊さん、山口和敏さん、地区のお母さん方、および、行政の立場からその活動を支え続けている同市職員の冨吉正一郎さんにお会いした。

list

(国内調査)杉本水産:環境マイスターのものづくり現場~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 杉本水産 杉本肇

水俣病という苛烈を極める苦難を抱えながら、地域の自然や風土、そして人と人とのつながりを再起させ、人々が「ここ」に生きる希望を作ってきた熊本県水俣市。本調査では、その地を実際に訪れ、混乱の渦中に身を置きながらも、地域の再生のために尽力し続けてきたキーパーソンらにお会いする。そして、対話や議論を通じて、彼らの地域に対する想いや哲学を肌で感じると同時に、この地域が発する熱量に触れ、真のまちづくりとはどのようなものなのかを探る。
以下では、不知火海のイリコ漁師・みかん農家で、水俣市環境マイスターにも認定されている杉本肇さんにお会いした際の、参加者レポートを紹介する。

list

(国内調査)「私のまちづくり履歴から~職員に期待したいこと~」~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 吉井正澄(元水俣市長)

水俣病という苛烈を極める苦難を抱えながら、地域の自然や風土、そして人と人とのつながりを再起させ、人々が「ここ」に生きる希望を作ってきた熊本県水俣市。本調査では、その地を実際に訪れ、混乱の渦中に身を置きながらも、地域の再生のために尽力し続けてきたキーパーソンらにお会いする。そして、対話や議論を通じて、彼らの地域に対する想いや哲学を肌で感じると同時に、この地域が発する熱量に触れ、真のまちづくりとはどのようなものなのかを探る。
以下では、1994年の水俣病慰霊祭で水俣病に対する市の責任を認め、公式に謝罪、1995年には村山政権との交渉の末、未認定患者の政治的決着を図り、以降、環境都市という軸のもとに「もやい直し」を進めてきたというキーパーソン中のキーパーソン、吉井正澄元水俣市長にお話を伺った際の参加者レポートを紹介する。

list

(国内調査)頭石村丸ごと生活博物館~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 勝目豊(同博物館代表)、山口和敏、地区のお母さん方

水俣病という苛烈を極める苦難を抱えながら、地域の自然や風土、そして人と人とのつながりを再起させ、人々が「ここ」に生きる希望を作ってきた熊本県水俣市。本調査では、その地を実際に訪れ、混乱の渦中に身を置きながらも、地域の再生のために尽力し続けてきたキーパーソンらにお会いする。そして、対話や議論を通じて、彼らの地域に対する想いや哲学を肌で感じると同時に、この地域が発する熱量に触れ、真のまちづくりとはどのようなものなのかを探る。
以下では、村の自然や生活全てを展示物として見立てたいわば「屋根のない博物館」を住民の方々自身が運営する頭石(かぐめいし)地区を訪れ、勝目豊さん、山口和敏さん、地区のお母さん方にお会いした際の参加者レポートを紹介する。

amano_list

(国内調査)天の製茶園:環境マイスターのものづくり現場~熊本県水俣市~

調査先:熊本県水俣市 天野製茶園 天野茂、浩

水俣病という苛烈を極める苦難を抱えながら、地域の自然や風土、そして人と人とのつながりを再起させ、人々が「ここ」に生きる希望を作ってきた熊本県水俣市。本調査では、その地を実際に訪れ、混乱の渦中に身を置きながらも、地域の再生のために尽力し続けてきたキーパーソンらにお会いする。そして、対話や議論を通じて、彼らの地域に対する想いや哲学を肌で感じると同時に、この地域が発する熱量に触れ、真のまちづくりとはどのようなものなのかを探る。
以下では、標高600メートルに位置する石飛高原で完全無農薬・無化学肥料でお茶を栽培し、水俣市環境マイスターにも認定されている天野茂さん、浩さんにお会いした際の、参加者レポートを紹介する。

9l

研修生の「地元学」

研修生たちは、自分でテーマを選び、地元を歩き、住民に取材をし、写真を撮って、そこに住む人々の生活や文化、歴史を探った。中には、一日中地域を歩き回った研修生や、5時間以上も1人の住民に話を聞いてきた研修生もいた。そして調べたことをまとめ、講義での発表を通じて共有した。

44l

(国内調査)地域固有の文化や地域資源を生かしたまちづくりの取り組み ~大分県別府市~

調査先:大分県別府市

大分県別府市は人口12万人、温泉の源泉数・湧出量共に日本一であり、豊富な温泉資源により国内外から観光客が訪れる国際観光温泉都市である。しかし、旅行形態の変化等により昭和51年以降、観光客数は長期低迷傾向にある。そういった現状の中、地域固有の文化や地域資源を生かしたまちづくりの取り組みを学ぶことが今回の調査の目的である。別府を発信地として全国に広がるまちづくりのモデル、「オンパク」手法を学ぶとともに、まちづくりに取り組む多様な主体の活動を知り、別府市のまちづくりにおける普遍性を探る。

46l

(国内調査)智頭町のゼロ分のイチ村おこし運動、百人委員会などの取り組み ~鳥取県智頭町~

調査先:鳥取県智頭町

「住民主体のまちづくり」について理解を深めるため、鳥取県智頭町および京都府京都市を訪問した。両自治体には、公募で集まった市民が身近で関心の高い課題を話し合い、課題を解決するための政策を行政に提案していく「100人委員会」がある。「100人委員会」は、自分達に必要なものは何かを真剣に話し合い、自己責任、自己決定のもとに、市民が主体となった活動を行っている。

45l-3R

(国内調査)京都市未来まちづくり100人委員会の取り組み ~京都府京都市~

調査先:京都府京都市

「住民主体のまちづくり」について理解を深めるため、鳥取県智頭町および京都府京都市を訪問した。両自治体には、公募で集まった市民が身近で関心の高い課題を話し合い、課題を解決するための政策を行政に提案していく「100人委員会」がある。「100人委員会」は、自分達に必要なものは何かを真剣に話し合い、自己責任、自己決定のもとに、市民が主体となった活動を行っている。