2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 国内調査

100l

(国内視察) 荒川区の人事戦略構想 ~東京都荒川区~

視察先:東京都荒川区

36名の研修生は、3つのグループに分かれ、国に頼らない創意工夫の行政や地域活性化に取り組んでいる自治体を訪問しました。東京都荒川区視察班は、
全国の自治体に先駆けて実施した特徴的な人事政策を中心に視察しました。

127l

日本再生の起爆剤-地方分権改革

講師:丹羽宇一郎(伊藤忠商事株式会社取締役会長、内閣府地方分権改革推進委員会委員長)※肩書きは当時

いま日本は"100年に1度の経済危機"という言葉を錦の御旗にすれば、どんな無理筋でも通る、いわば"道理が通らない時代"になってしまっている。実際、今回の15兆円にものぼる補正予算は展望も規律もない"大盤振る舞い"にほかならず、しかも総選挙が近い今、多くの施策が選挙への効果を基準に策定されているように見える。まるで「泣く子も黙る選挙かな」とも言うべき有様で、それが地方分権改革や公務員改革を含む行政改革全体の停滞を招いてしまっている。