2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 地域が支える○○

1L6R0642_list

2014年度国外調査~米国オレゴン州ポートランド市~: 住民主体のまちづくり

調査地:米国オレゴン州ポートランド市

ポートランドプログラムのテーマは、「住民主体のまちづくり」。全米一、住民参加が盛んと言われるポートランドでは、住民本位のまちづくりが進められている。参加者は住民と行政の関わり方を講義や現場視察などを通じて学び、最終的には日本の自治体における経験を基盤として、ポートランドで学んだ住民と行政の関わり方の違い、ならびに共通点の分析を踏まえて、住民主体のガバナンスのあり方に関して参加者それぞれの考えを確立することを目標とする。

AARP_list

(2014年度国外調査)イブニングサイトビジット: 全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

調査先:全米退職者協会・エルダーズインアクション・高齢化問題研究所

今年もポートランド州立大学(Portland State University:PSU)とのパートナーシップの下、12回目となるポートランドプログラムが実施された。
7泊9日の本プログラムは、(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成されている。
以下は、イブニングサイトビジットとして訪問した全米退職者協会の訪問レポートである。

IMG_2150 - コピー_R

(2014年度国外調査)イブニングサイトビジット:レンツ・ネイバーフッド・アソシエーション

調査先:レンツネイバーフッドアソシエーション

7泊9日の本プログラムは、(1)市内探索、(2)講義、現場視察・ヒアリング、(3)イブニングサイトビジット、そして(4)特別セッション(イノベーション・ラボ)で構成されている。
以下は、イブニングサイトビジットとして訪問したレンツ・ネイバーフッド・アソシエーションの訪問レポートである。

0607_nakano_list

地域の限られた資源で急速な高齢化をいかにして乗り越えていくか?

講師:中野智紀(社会医療法人JMA東埼玉総合病院 在宅医療連携拠点事業推進室長)

自治体職員に「あなたの地域の課題は何ですか」と尋ねると、十中八九「人口減少」と答える。実際、全国の自治体において住民の高齢化が進み、地域によってはコミュニティの存続さえもが危うくなってきているのは事実であり、結果として、かつては機能していた地域の共助の仕組みが成り立たなくなってきている。それを補完するためにも現在国は、在宅を中心に医療・介護サービスを切れ目なく提供するシステムとして、「地域包括ケア構想」を進めているが、国の描くイメージだけが独り歩きしており、各地域でどのように実現するのか、その道筋は見えていない。そんな中、講師の中野智紀氏は、医師として埼玉県幸手市と杉戸町の地域包括ケアの体制つくりに取り組んでいる。

医師である中野氏が、医療とは直接的に関係のない活動にまで広く携わるのはなぜなのか。その目的はどこにあるのだろうか。中野氏のこれまでの実践を通じて考えたい。

naruko2

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)、安部祐輝(大崎市産業経済部農林振興課農業経営係長)

農業について考える時、政策面から産業としての農業単体で捉えられることが多くはないだろうか。しかし、現場目線でよくよく見てみれば、農業とは、地域の風土、文化、風習と不可分のものあり、それ自体がその地に暮らす人々の日々の営みだということが見えてくる。つまり、農業をめぐる課題は、農政改革だけをもって解決し得るものではなく、地域に暮らす人たち自身が、ここでの生活をどうしていくかという根本的な問いに向き合うことで、それぞれの進む道を考えていくしかない。地域の潜在的な力を引き出し、地域が自立していくには、何が必要なのだろうか。渦の中心で、農業の現場と行政の現場、それぞれのリーダーとしてプロジェクトを牽引してきた二人の姿勢や考え方から、学んでほしい。

大津一覧

次の世代に残したいもの~南阿蘇村からの発信~

講師:大津愛梨(農家)

熊本県阿蘇地域は今年5月、国連食糧農業機関(FAO)が認定する世界農業遺産に登録された。世界農業遺産とは、伝統的な農法や文化、景観を持ち、生物多様性に富んだ地域を世界的に保全しようとする取り組みで、現在世界11カ国25ヶ所(うち日本5ヶ所)が認定されている。阿蘇を世界農業遺産登録に導いた立役者の一人が大津愛梨さんだ。大津さんは2003年に南阿蘇村に移り住み、以来、米を中心に農業を生業としながら、NPO法人九州バイオマスフォーラムや南阿蘇バイオマスエネルギー協議会のメンバーとして、地域内におけるエネルギーの自給自足も目指している。また語学力を活かし、日本国内だけでなく世界に向けて、日々の暮らしを発信して来ている。

naruko_ichiran

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~

講師: 上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)、安部祐輝(大崎市産業経済部農林振興課農業経営係長)

地域の農政を考えようとしたとき、それは農政単独のこととして考えられ、対応されることが多い。しかし、日本の農業の現状をよくよく考えてみれば、それは地域に伝えられた文化や風習そのものと不可分であり、日々の暮らしと一体と見るべきであろう。つまり、農政をめぐる課題は単独のものではなく、地域に暮らす人たちが自分自身のこととして捉え、・・・

_MG_4832 2-2-2 一覧

地域の教育力を高める~平塚市の事例~

講師:小倉俊宏(平塚市立富士見小学校教頭)、小倉滋朗(神奈川県警察署少年指導員)、片倉章博(平塚市議会議員)

どの地域にも共通する課題に「子育て・教育」がある。子どもたちは地域の未来を担う存在であり、豊かな人間関係を作り、地域に愛着を持って育って欲しいと誰しもが願うことだろう。しかし、現実には学力の低下をはじめ、いじめや不登校、虐待や暴力など、子どもを取り巻く様々な課題が社会的な問題として表面化してきている。・・・

ueno2012l

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

2012年6月2日に実施された上野健夫氏の講義を動画でお届けします。

11t-2012

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

2012年6月2日に実施された辻駒健二氏の講義を動画でお届けします。