2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 地域が支える○○

11l-2012

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ~

講師:辻駒健二(川根振興協議会会長)

豊かな地域をつくるためには、「行政にさせにゃならん」、「住民に言われたことはせにゃあかん」という要求型の自治ではなく、住民自らが議論を重ね、決定をして、自分たちでやるという提案型の自治を実現することが必要だと、辻駒氏は断言する。
川根振興協議会は、産業振興、福祉、防災、伝統文化保全など幅広い分野において活動を展開している住民総参加の自治組織である。同協議会の発足は1972年。暮らしを守る「防災」という全住民に共通する課題から活動を始め、その後、暮らしの安全・安心、楽しさ・豊かさに関する地域課題に対してひとつひとつ丁寧に取り組んできた。

10l-2012

地域で支える教育

講師:小倉滋朗(平塚市中学校区サポートチームシステム サポート連絡会)、幸地正憲(LLC都市教育研究所所長)

近年、いじめや不登校、暴力行為、問題行動さらには被虐待など、子どもを取り巻く様々な課題が社会的な問題として取り上げられ、その原因として、子どもや家庭の抱える課題が多様化・複雑化してきたことがあげられる。しかし、課題の根源を考えると、必ずしも子どもや家庭だけの問題ではなく、子どもの成長を支える学校や地域のあり方について、いま一度考える必要があるということが見えてくる。

8l-2012

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

毎日あなたが食べている御飯はどこから来たのだろうか。もし知っているのであれば、あなたはその米を作っている人を知っているだろうか。その人の顔が浮かんでくるだろうか。「作り手の顔が浮かばないことの何が問題なのか」と思う人もいるかも知れないが、自らの「命」を大切にしようとするならば、「命」を支える「食」と向き合うことは自然なことであろう。しかし、現実は異なり、食品が一つの商品として流通する市場経済の中で、私たち消費者はその食品の作り手が誰かを考えることは少ない。その結果、私たちは以前よりも「食」と向き合わなくなってきている。

5l-2012

「市民の公共」をつくる

講師:足立千賀子(千葉県助産師会助産師)、小池博幸(我孫子市市民生活部市民活動支援課主査長)、福嶋浩彦(東京財団上席研究員、消費者庁長官、前我孫子市長)※肩書きは当時

2012年6月2日に実施された講義「『市民の公共』をつくる」を動画でお届けします。 【第1部】福嶋浩彦氏による講義 【第2部】パネルディスカッション

3l-2012

「市民の公共」をつくる

講師:足立千賀子(千葉県助産師会助産師)、小池博幸(我孫子市市民生活部市民活動支援課主査長)、福嶋浩彦(東京財団上席研究員、消費者庁長官、前我孫子市長)※肩書きは当時

「公共」とは本来、市民のものである。これまで、「公共」は行政が担うのが当たり前という意識が支配的だったが、近年は「官民連携」や「協働」と呼ばれる取組みが進み、全国に多くの事例がある。そんな中、しばしば見られるのが、コストカット、さらに言えば人件費の抑制を目的とした取組みである。もちろん効率的な行政サービスを目指すのは当然だが、「何のため」、「誰のため」ということが抜け落ちていないだろうか。

17l

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

毎日あなたが食べている御飯はどこから来たのだろうか。もし知っているのであれば、あなたはその米を作っている人を知っているだろうか。その人の顔が浮かんでくるだろうか。「作り手の顔が浮かばないことの何が問題なのか」と思う人もいるかも知れないが、自らの「命」を大切にしようとするならば、「命」を支える「食」と向き合うことは自然なことであろう。

18l

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

上野氏の講義「鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて」を動画でお届けします。

19l

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

川根振興協議会は、産業振興、福祉、防災、伝統文化保全など幅広い分野において総合的に活動を展開している、住民総参加の自治組織である。同協議会の発足は1972年、防災という、全住民に共通する課題から活動を始め、その後、暮らしの安全・安心、楽しさ・豊かさに関する地域課題に対して、ひとつひとつ取り組んできた。

20l-2R

手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ

講師:辻駒健二(川根振興協議会 会長)

辻駒氏の講義「手づくり自治区~自治をつくる実践に学ぶ」を動画でお届けします。

14l-2Rjpg

官民連携の現場から

講師:足立千賀子(千葉県助産師会助産師)、小池博幸(我孫子市市民生活部市民活動支援課 主査長)、新保寛子(我孫子市 前健康福祉部長)、山下浩二(高浜市行政管理部 主幹)

「公共の担い手は多様である」とは言うものの、行政サービスの民営化が進むことで、サービスの質は低下するのではないか、やはりコストカットが本旨なのではないか、といった行政側が拭いきれないもやもや感に対し、実際に現場で問題に直面し、民間事業者や住民と共に乗り越えてきた行政職員の体験を聞き、「官民連携」の真の意義について学ぶ機会とする。