2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 地域活性化

12l-2R

「場所文化」が秘めるポテンシャル

講師:後藤健市(LLC場所文化機構 代表)

あなたは自分の地域を誇りに思っているだろうか?東京に住んでいるのはカッコ良くて、田舎はダサいという意識を持っていないだろうか?地域に住む人々が自らの地域を誇りに思い、前向きな気持ちで行動することで、必ずまちは元気になる。いま地域に求められているのは「覚悟」だ。必要なのは完璧なまちづくり計画や財源ではなく、失敗を恐れずに行動を起こす気持ちである。

13l-2R

「場所文化」が秘めるポテンシャル

講師:後藤健市(LLC場所文化機構 代表)

2011年6月4日に実施された講義「『場所文化』が秘めるポテンシャル」を動画でお …

17l

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

毎日あなたが食べている御飯はどこから来たのだろうか。もし知っているのであれば、あなたはその米を作っている人を知っているだろうか。その人の顔が浮かんでくるだろうか。「作り手の顔が浮かばないことの何が問題なのか」と思う人もいるかも知れないが、自らの「命」を大切にしようとするならば、「命」を支える「食」と向き合うことは自然なことであろう。

18l

鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて

講師:上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)

上野氏の講義「鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて」を動画でお届けします。

47l

地域ぐるみによる観光まちづくり

講師:清水愼一(株式会社ジェイティービー 常務取締役)

観光は、どこにでもあるような箱モノやイベントによってではなく、その地域にあるものやそこに生活する人々の暮らし自体の魅力によって成り立ちます。これからは、人々の暮らしと観光を一体的に捉えた観光振興が求められます。

39L

地域再生と社会交流欲

講師:松本大地(株式会社商い創造研究所 代表取締役)

現在の日本では、郊外に大型ショッピングモールやアウトレットモールができると、一時は大変賑わっても、別の場所に新たな施設ができると、消費者は移っていきます。商店街も常に新しい生活提案やふれあい、楽しさといった日常の魅力がないと、人は訪れません。 

40l

次世代が育ち、活躍する地域を創るために ~社会起業家との連携を通して~

講師:宮城治男(NPO法人ETIC.代表理事)、西辻一真(株式会社マイファーム代表取締役)、竹本吉輝(株式会社トビムシ代表取締役)、畦地履正(株式会社四万十ドラマ代表取締役)

地域産業と若者の連携で動き始めた地域の事例に学び、インターンシップや創業支援など若者に機会を提供しつつ、地域が変革していく方法を考えた。また、地域における次世代への変革と創造に社会起業家が果たす役割、そのビジネスモデルと効果的なパートナーシップのあり方、ならびにその新しい可能性について考えた。

93l

キーパーソンから拡がる地域の輪

講師:御手洗照子(T-POT代表取締役)

町おこしに必要なのは「よそ者、ばか者、若者」と言われますが、これは「客観的に町の良さが分る人、熱い心を持った人、先の見通しを持った人」という意味ではないでしょうか。私自身が地域を歩きながら見つけた官・民のキーパーソンのお二人は、まさにこれらの要素を内在している方達だと思います。

94l

世代が育ち活躍する地域をつくるために~社会企業家との連携を通して~

講師:宮城治男(NPO法人ETIC. 代表理事、他)

この回では、全国の若手社会起業家を支援しているNPO法人ETIC.(エティック)およびETIC.に関わる起業家の方々を招いて、それぞれの取組みの事例を紹介してもらうとともに、地域との関わりについて議論した。

126l

自立した「地方政府」の確立

講師:増田寛也(前総務大臣)※肩書きは当時

地方分権によって住民の満足度や幸福度が直ちに上がるものではありません。地方分権はあくまでも手段であって、分権された後に有効な知恵を出していくことが大事なのです。また、分権には議会の民主的な統制が必要なので、多くの権限が地方に移ってきたら、議会による監視機能を強めなければなりません。