2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 政策提言

Resized_P1020938

目の前の仕事を見直す

講師:大澄憲雄(浜松市 総務部人事課組織・任用グループ 主任、2009年度週末学校OB)、岡田直晃(習志野市 財政部資産管理室資産管理課 主幹、2009年度週末学校OB)、高橋直子(北上市 生活環境部環境課新エネルギー係 主任、2010年度週末学校OG)、山根晃(足立区 福祉部北部福祉事務所 所長、2010年度週末学校OB)、亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)、他

本講義は、東京財団週末学校の集大成ともいえる「私の政策提言」の大枠を示し、その理解を促すと共に、その前段として行う「目の前の仕事を見直す」についても併せて、その意義を伝えることを目的としています。東京財団週末学校は全10回のプログラムです。すでに第4回を迎え、大きな流れとして見れば中盤に差し掛かったところです。しかし、それらの学びがいかに自分自身の変化、それも何かしらの行動に結びつくかどうかが重要です。中には、まだ行動という意味では変化に至っていない人もいるかもしれません。自ら変わるということはなかなか簡単なことではありません。しかし、自らの変化が何なのか、そこに向き合ってこそ、こうしたプログラムに参加する意味もより深いものになるのだと思います。

12l-2012

「私の政策提言」について

講師:冨田清行(東京財団ディレクター(政策研究)・研究員)、亀井善太郎(東京財団研究員・政策プロデューサー)

多くの自治体職員にとって、日々の業務をこなすことが目的となり、本当に自身がやりたいこと、やるべきことが見えなくなっているのではないか。「なぜあなたはこの仕事をやっているのか」と聞くと、「前任者に引き継がれたから・・・」、「上司に言われたから、首長のマニフェストだから・・・」と答える人もいる。しかし、本当にそれで良いのだろうか。週末学校の趣旨は、そもそも行政が取り組んでいる仕事とは何のためかを考えるきっかけとなることである。そして、地域自らがその地域の豊かさについて考え、当事者である住民と自治体職員がよりよい地域をつくるために具体的に動き出すことを目指している。

Uchida2012.l

課題発見と課題解決

講師:内田和成(早稲田大学ビジネススクール教授)

自治体であっても企業であっても、本当の課題を見出すことは実は難しい。本当の課題を見出せないがゆえに、せっかくの努力が無駄に終わってしまっている事例はいくらでもある。本講義では、課題解決のプロとして実際の現場で活躍してきた内田和成氏に、問題の本質を見極めるための思考方法について学ぶ。後半はケーススタディを交え、実践的なトレーニングを行う。

11l

最終成果物「私の政策提言」について

講師:亀井善太郎(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

週末学校の趣旨は、そもそも行政が取り組んでいる仕事とは何のためかを考えるきっかけとなることである。東京財団は、自らの頭で考え、行動を起こせる人材の育成することで、地域自らがその地域の豊かさについて考え、その実現に向けて当事者である住民と行政職員が具体的に動き出すことを目指している。本研修プログラムの最終成果物として、研修生がそれぞれ「私の政策提言」を作成する。本講義では、その作成を始めるにあたり、「私の政策提言」とは何かを学び、作成の準備をする。

28l

課題発見と課題解決

講師:内田和成(早稲田大学大学院商学研究科、早稲田大学ビジネススクール教授)

地域を取り巻く「課題」と呼ばれるものはたくさんある。私たちは数ある課題の中から、自分が取り組むべき課題を選び、その解決に取り組んでいる。しかしそれよりももっと大切な課題はないのだろうか。私たちが課題と考えているもの、実はそれは課題によって引き起こされている事象に過ぎないのではないだろうか。