2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

キーワードで探す: 行政の役割

112l

自治体職員のための地方財政~議員の立場から

講師:松本武洋(和光市長、前和光市議会議員)

自治体の職員は、財政担当職員以外は、財政への関心度は低いように思いますが、財政比較分析表や歳出比較分析表などで、①トレンドを理解し、②他の自治体と客観的に比較すること―感覚的ではなく、データ的に、自分の自治体の強み、弱み、改革の必要な分野を把握することが重要です。

117l

包括予算制度を契機として

講師:定野司(足立区環境部長)※肩書きは当時

これまでの公務員の働く原動力は権限(予算・カネ)。しかし、権限は組織の疲弊化を招き、分権化を進めることになった。これからの原動力は、自己満足である。自己満足とは、自分の仕事に誇りを持てること、自分の仕事を人に伝えること(記録に残すこと)ではないか。

120l

地域の自立と再生 (音声)

講師:片山善博(慶応義塾大学教授、前鳥取県知事)

片山氏の講義「地域の自立と再生」の一部を、音声でお届けします。

123l

公は官か?

講師:加藤秀樹(東京財団会長)※肩書きは当時

行政が住民に対して提供するものは何でしょうか。一言で言うと、公益・公共財などと言われるものです。法律家の定義では不特定多数の人々にとっての利益ということになります。この不特定多数とは誰でしょうか。単なる人数の多少ではありません。それがある特定の団体や組織のように枠で囲われておらず、オープンなものであれば不特定多数と言え、その人たちにとって、必要なもの、役に立つことが公益・公共財ということになると、私は思います。

124l

公は官か?

講師:加藤秀樹(東京財団会長)※肩書きは当時

加藤氏の講義「公は官か?」の一部を、動画でお届けします。

125l

自治をつくる

講師:福嶋浩彦(東京財団上席研究員、前我孫子市長)

福嶋氏の講義「自治をつくる」の一部を、動画でお届けします。

126l

自立した「地方政府」の確立

講師:増田寛也(前総務大臣)※肩書きは当時

地方分権によって住民の満足度や幸福度が直ちに上がるものではありません。地方分権はあくまでも手段であって、分権された後に有効な知恵を出していくことが大事なのです。また、分権には議会の民主的な統制が必要なので、多くの権限が地方に移ってきたら、議会による監視機能を強めなければなりません。

127l

日本再生の起爆剤-地方分権改革

講師:丹羽宇一郎(伊藤忠商事株式会社取締役会長、内閣府地方分権改革推進委員会委員長)※肩書きは当時

いま日本は"100年に1度の経済危機"という言葉を錦の御旗にすれば、どんな無理筋でも通る、いわば"道理が通らない時代"になってしまっている。実際、今回の15兆円にものぼる補正予算は展望も規律もない"大盤振る舞い"にほかならず、しかも総選挙が近い今、多くの施策が選挙への効果を基準に策定されているように見える。まるで「泣く子も黙る選挙かな」とも言うべき有様で、それが地方分権改革や公務員改革を含む行政改革全体の停滞を招いてしまっている。

128l

江戸時代の官と民

講師:田中優子(法政大学教授)

現代における「官」とは行政に携わる公務員や、立法府に属する政治家などと認識されている。しかしわが国の歴史を紐解くと、その概念とは必ずしも 一致しない史実が明らかとなる。

129l

江戸時代の官と民

講師:田中優子(法政大学教授)

田中氏の講義「江戸時代の官と民」の一部を、動画でお届けします。