2016年度のプログラムが終了しました(更新日:2016年12月21日)

講義スケジュール(2013年度)

2013年度プログラムの日程と主なカリキュラム内容

 

日程 カリキュラム内容
第1回 5月18日(土)、19日(日) 自治の本質(講義、演習)
「自治をつくる」(5/18) 福嶋浩彦(東京財団上席研究員、中央学院大学教授、前消費者庁長官、元我孫子市長)
「住民自治と自治体改革」(5/18) 片山健也(北海道ニセコ町長)
「全国に広がる地方議会改革 ~住民・行政・議会、三者の関係から見えてくるもの~」 (5/19)中尾修(東京財団研究員、元栗山町議会事務局長)
「地域とは何か」(5/19)内山節(哲学者、立教大学大学院教授)
※講義タイトルをクリックし、レポートをご覧ください。(敬称略・講義順)
第2回 6月1日(土)、2日(日) 地域の力(講義・演習)
「市民の公共をつくる」(6/1) 福嶋浩彦(東京財団上席研究員、中央学院大学教授、前消費者庁長官、元我孫子市長)・田中玲子(元我孫子市立緑保育園民間対策委員会)・守口敏也(同左)
「地域の教育力を高める ~平塚市の事例~」(6/1)小倉俊宏(平塚市立富士見小学校教頭)・小倉滋朗(神奈川県警察署少年指導員)・片倉章博(平塚市議会議員)
「鳴子の米の挑戦~地域の自立に向けて~」(6/1)上野健夫(NPO法人鳴子の米プロジェクト理事長)・安部祐輝(大崎市職員)
「地域医療という名のまちづくり」(6/1)村上智彦(医師、NPO法人支える医療研究所理事長)
地元学」(6/2)吉本哲郎(地元学ネットワーク主宰)・横尾ともみ(地元学ネットワーク)
あるもの探しで地域を元気に:川南地元学」(6/2)河野英樹(川南町職員)
※講義タイトルをクリックし、レポートをご覧ください。(敬称略・講義順)
第3回 6月28日(金)、29日(土)、30日(日) 地元学(国内調査)
調査地:熊本県水俣市

 

第4回 7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝) 公共の担い手(講義・演習)
西芝雅美(ポートランド州立大学行政大学院准教授)、東京財団研修OBOG、他 ※敬称略

 

第5回 7月27日(土)、28日(日) 「私の仕事」(講義・演習)
東京財団研修OBOG、東京財団研究員、他

 

第6回 8月17日(土)~8月25日(日) 住民主体のまちづくり(国外調査)
調査地:米国オレゴン州ポートランド

 

第7回 9月7日(土)、8日(日) 「私の政策提言」(講義・演習)
「人と大地が一体となったものづくり」(9/7)黒木敏之(株式会社黒木本店代表取締役)
いえづくりのプロであるということ」(9/8)佐川旭(建築家)
※講義タイトルをクリックし、レポートをご覧ください。(敬称略・講義順)

 

第8回 第5回~第9回の間に各自で実施 地域の課題とその解決策(国内調査)
調査地:参加者各自が選定する自治体・地域

 

第9回 10月5日(土)、6日(日) 「私の政策提言」(講義、演習)
次の世代に残したいもの~南阿蘇村からの発信~」 (10/5) 大津愛梨(農家)
「手づくり自治体~自治をつくる実践に学ぶ~」 (10/6) 辻駒健二(川根振興協議会会長)
※講義タイトルをクリックし、レポートをご覧ください。(敬称略・講義順)

 

第10回 10月19日(土)、20日(日) 修了式(総括)

 

(2013年9月更新)

原則として、土曜日は終日(9:00~)、日曜日は9:00~16:30までとなります。
なお、7月13日、14日は終日、15日は16:30までとなります。

2013年度プログラムのカリキュラム内容は、随時ウェブサイトに掲載していきます。
なお、日程やカリキュラムに変更がありえますことを予めご了承ください。

過去のプログラム

2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2004年度〜2008年度